« 日韓の親近感 | トップページ | iPS関連株 »

山中教授がノーベル賞

IPS細胞の山中教授がノーベル賞を受賞しました。
毎年名前があがっていました。

昨日から、そのニュースばっかりです。

京都大iPS細胞研究所の山中伸弥・同大教授(50)が
ノーベル賞を受賞することが決まりました。

日本人として25年ぶりとなるノーベル医学生理学賞です。

マウスiPS細胞の作成からわずか6年での
受賞だそうです。
それだけ、影響が大きいのですね。

よいことです。
将来的にも、いろいろな可能性が開けます。

今回のノーベル賞で国をあげて、研究を
進めていかないといけませんね。

|

« 日韓の親近感 | トップページ | iPS関連株 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事