« 反日デモ後の蘇州の繁華街 | トップページ | シャープの取引先 »

橋下氏の竹島発言

新党「日本維新の会」代表に就任する

橋下徹大阪市長が23日、新党参加を
目指す国会議員らを集めて大阪市内で
開いた公開討論会で、発言しました。
島根県・竹島を巡る日本と韓国の対立に
ついて「(韓国の)実効支配を武力で変える
ことはできない。どうやったら(日韓の)共同管理に
持ち込むかという路線にかじをきるべきだ」と述べ、
韓国との共同管理を目指すべきだとの認識を示したそうです。

橋下氏は討論会で、「北方領土と竹島については、
(国際司法裁判所で他国から訴えられた場合に応じる義務が生じる)
『義務的管轄権』の受諾を外交的に圧力をかけながら
決着を付けるしかない」と指摘したうえで、「(日韓間の)
根っこにある従軍慰安婦問題についてどこまで
認めるかを韓国側としっかり議論し、(竹島の)
共同管理という話に持っていくしかない」と述べたそうです。
これは、まずかったですね。
個人的な発言だとしてもです。
軽はずみな発言です。
今、国民が一番敏感になっていますから。
今の国民との意志と異なっています。
維新の会に反対する人は、この発言を
取り上げますよ。
これが広がると支持率が落ちますね。
大阪は、変わらないかもしれませんが、全国的には
駄目ですね。
かなり、まずかったですね。
これは、大きい失点です。

|

« 反日デモ後の蘇州の繁華街 | トップページ | シャープの取引先 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事