« サッカー日本男子引き分け | トップページ | 寝不足対策商戦 »

マックが減益

日本マクドナルドホールディングスが

2日2012年6月中間連結決算を発表しました。
営業利益が前年同期比19・0%減の
118億円だったそうです。
上期では7年ぶりの減益となった。
低価格商品による集客戦略で既存店売上高が
減少したことが要因のようです。
連結売上高は既存店売上高の減少や
店舗のフランチャイズ化で1・2%減の
1463億円でした。
最終利益は前年に特別損失として計上した
資産除去債務がなくなったことなどで18・7%増の
70億円だったそうです。

客数の増加をねらい、4月にホットコーヒー、
6月にアイスコーヒーをそれぞれ100円に
値下げするなど低価格商品を強化しました。
既存店では客数は2・7%増となったが
客単価が減少し、売上高が1・6%減となったそうです。
でも、低価格はよいですが、おいしくないですね。
チキンを食べたくてマックに行きましたが、100円で
チキンタッタというのがありましたので食べました。
まずいですね。
高くてもいいからチキンを食べたかったのに
行きたくなくなりました。
あまり安いのも考えものです。

|

« サッカー日本男子引き分け | トップページ | 寝不足対策商戦 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事