« なでしこ、カナダに勝つ | トップページ | 五輪サッカー、スペインが負ける »

尖閣問題

野田佳彦首相は26日午後の衆院本会議で、

尖閣諸島について答弁しました。
尖閣諸島(沖縄県石垣市)の周辺で
中国船の領海侵入が相次いで
いることについて発言しました。
「尖閣諸島を含むわが国の領土
領海で周辺国による不法行為が
発生した場合は、必要に応じて
自衛隊を用いることを含め、政府全体で
毅然(きぜん)として対応する」と表明しました。
中国の動きをけん制する狙いとみられるが、
自衛隊出動に言及したことで中国側が
反発を強める可能性もあるそうです。
時事通信です。
反発してもいいのですよ。
毅然として対応すればいいのです。
ついでに、北方領土についても、近海で
演習とかすればよいのです。
管前首相のように右往左往しては駄目です。
中国が反発すればよいのです。
中国もどんどん景気が減速しています。
日本は景気がよくなっています。
仲が悪くなればなるほど、中国に行かなくて
すみますからね。

|

« なでしこ、カナダに勝つ | トップページ | 五輪サッカー、スペインが負ける »

経済・政治・国際」カテゴリの記事