« ソフトバンクのメガソーラー | トップページ | レコチョクの不評 »

中国のGDP

中国メディアの環球時報(電子版)の6月30日付の
記事です。

国際通貨基金(IMF)によれば、中国の国内総生産(GDP)は
改革開放後30年にわたって平均10%の成長を続けてきた。

しかし「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」に
おいて発表された「許容性資産指数」によると、
中国のGDPはいまだ日本に及ばず世界第3位だということです。

国連の評価基準となったのは経済成長と

「環境資源、製造、人類、自然の資本」の価値が
含まれるそうです。

「許容性資産指数」によると、米国は118兆ドルで世界第1位、
日本が55兆ドルで第2位、そして中国とドイツがともに
20兆ドルで第3位となったそうです。

GDPの中には、不動産が入っています。
中国の不動産バブルや株、その他の投資も入って
いますからね。
純粋な売上げではないですからね。

日本のマスコミも騒ぎすぎですよ。
中国のバブルがはじけたら、資産価値が落ちますからね。
その後に比較すべきです。

|

« ソフトバンクのメガソーラー | トップページ | レコチョクの不評 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事