« 中国の大気 | トップページ | ルネサスの賃金 »

中国が利下げ

中国が、どんどん減速しています。

中国人民銀行(中央銀行)は7日、
金融機関の貸し出し・預金の基準金利を
それぞれ0.25%引き下げると発表しました。

8日から実施します。

中国が利下げを実施するのは、リーマン・ショック後の
08年12月以来約3年半ぶりです。

経済の減速感が強まる中、本格的な金融緩和に

踏み切ることで景気の腰折れを回避するようです。

今回の利下げで、1年物の貸出基準金利は6.31%、
預金基準金利は3.25%となる。

中国は昨年12月、欧州債務危機などを受け

金融緩和に転じ、銀行から強制的に預金の
一定割合を預かる預金準備率を3年ぶりに引き下げました。

今年1~3月期の実質国内総生産(GDP)の伸び率は
8.1%増と、5四半期連続で鈍化。

世界的な景気低迷の影響で輸出が伸び悩み、
足元の景況感も悪化したため、今年5月までに
3回にわたって預金準備率を引き下げました。

今回の利下げで中国の景気が戻るでしょうか。
一番大きな輸出先のヨーロッパが、駄目ですから、
難しいでしょうね。

内需を拡大したいと思いますが、うまくいくでしょうか。
難しいですね。

|

« 中国の大気 | トップページ | ルネサスの賃金 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事