« 外食産業 | トップページ | 中国が利下げ »

中国の大気

5日は世界環境デーです。

中国の呉暁青・副環境保護相は
記者会見を行い「一部の外国大使館、
領事館は、代表性のない大気汚染データを
発表しないよう望む」とのコメントを発表したそうです。

呉副環境保護相は「外国領事館が勝手に
空気の質を観測し、インターネット上で
データを発表することは、駐在国の法律を守り、
内政干渉してはならないとするウィーン外交関係条約、
ウィーン領事関係条約の精神に反するものである」と
指摘したそうです。

また、1点のみの観測データを用いて
地域の大気汚染評価を行うことは「非科学的」と
するとともに、「本国の大気汚染基準を用いてわが国の
大気を評価するのは明らかに不合理だ」と批判したそうです。

それだけ、中国の大気汚染が深刻だということです。

北京オリンピックのときでも、マラソンができないのでは
ないかと思いました。
前が見えないくらいスモッグがひどいようです。

早く解決しないと、住民に深刻な被害が
でますね。

|

« 外食産業 | トップページ | 中国が利下げ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事