« 缶詰バー | トップページ | 橋下氏の緊縮案 »

尖閣諸島問題

中国の有名な軍事アナリスト、海軍情報化専門家
委員会主任の尹卓少将は21日、中国周辺海域の
安全をテーマとし、インターネットを通じて
中国のネットユーザーと交流を行ったそうです。

尹少将は、「中国は戦略転換期を迎えており、
経済発展とのバランスを考慮しなければならない。
中国は周辺諸国との間に、領海を巡る争いのほかに、
良好な外交関係と政治関係を結んでいる。周辺諸国との
安全保障に関する協力も成果が得られている。
中国は領海問題により、主動的に各国に戦争を
仕掛けることはない。これは中国のやり方ではない」と語ったそうです。

尹少将は、「中国は日本と同じく、釣魚島の問題は
米国が両国間に仕掛けたわなであることをよく理解している。
とも発言しています。

結局、日本といろいろ問題を大きくしたくないのです。
中国国内の経済がどんどん悪くなっています。
それどころではありません。

格差も広がっています。
工場はどんどん他の国へ行っていますからね。

困ってくると、周辺の国に譲歩します。
そんな国です。

|

« 缶詰バー | トップページ | 橋下氏の緊縮案 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事