« 女子バレー | トップページ | ギリシャ問題 »

アメリカでの検索のシェア

Experian Hitwiseがアメリカの検索の

シェアを発表しました。
Googleは合衆国で依然として
圧倒的に最強の検索エンジンです。
昨年から今年にかけてはやや伸び悩み、
Yahoo、それにとりわけMicrosoftのBingの両社が
増加しているようです。
Hitwiseの数字では、2012年の6月2日に終わる
4週間の検索利用総数の分析です。
Googleが65.2%を占めています。
前年同期では68.11%で、シェアでは68.11 
65.02で3.09%の減、検索件数の絶対数では
5%の減となったようです。
一方、Yahooも含むBingの合計#はシェアが
28.12%で前年同期比1.33%の増、絶対数では
5%の増となったそうです。
Yahoo単独のシェア(#上記内数)は14.95%、
Bingに直行する検索(#上記内数)は13.17%で、
検索件数としてはそれぞれ3%、7%の増と
なっているようです。
3%って大きいですね。
なぜでしょうね。
YahooやBingの検索エンジンもだんだんよくなって
いるのでしょうか。

|

« 女子バレー | トップページ | ギリシャ問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事