« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

橋下氏の緊縮案

大阪市は29日、橋下徹市長の改革方針を

織り込んだ本格予算となる
今年度補正予算案を発表しました。
一般会計は1489億円で、春の暫定型
当初予算と合わせた通年ベースでは、
前年度比3・2%減の1兆6652億円です。
橋下市政の財政再建策の骨格となる
市政改革プラン案を反映させ、4年ぶりの
緊縮予算となったようです。
すごいですね。
ずっと右上がりだったのが、下がりました。
今春、7月までの4カ月分を暫定計上した
335事業のうち10事業と予算計上を
凍結した210事業のうち、54事業は
予算化を見送り、歳出を抑制したそうです。

人件費では、職員の月給カット幅を0~5%から
3~14%に拡大したほか、退職手当の
5%カットなどにより、前年度比130億円減の
2197億円に抑えたようです。
どんどん改革を実行しています。
このまま、いくと、維新の会の人気や
期待があがりますね。
でも、この実行力はさすがです。

|

尖閣諸島問題

中国の有名な軍事アナリスト、海軍情報化専門家
委員会主任の尹卓少将は21日、中国周辺海域の
安全をテーマとし、インターネットを通じて
中国のネットユーザーと交流を行ったそうです。

尹少将は、「中国は戦略転換期を迎えており、
経済発展とのバランスを考慮しなければならない。
中国は周辺諸国との間に、領海を巡る争いのほかに、
良好な外交関係と政治関係を結んでいる。周辺諸国との
安全保障に関する協力も成果が得られている。
中国は領海問題により、主動的に各国に戦争を
仕掛けることはない。これは中国のやり方ではない」と語ったそうです。

尹少将は、「中国は日本と同じく、釣魚島の問題は
米国が両国間に仕掛けたわなであることをよく理解している。
とも発言しています。

結局、日本といろいろ問題を大きくしたくないのです。
中国国内の経済がどんどん悪くなっています。
それどころではありません。

格差も広がっています。
工場はどんどん他の国へ行っていますからね。

困ってくると、周辺の国に譲歩します。
そんな国です。

|

缶詰バー

缶詰バーというのがあるのですね。

世界各地の多彩な缶詰を酒と一緒に
味わえるバーのようです。

そんな個性派飲食店「缶詰バー」を運営する
クリーン・ブラザーズ(大阪市西区)が、出店攻勢を
強めています。

今年度内を目標に約15店舗を東西で
新規出店し、30店舗超の体制を整えるそうです。

店舗名は「mr.kanso」(ミスター・カンソ)で、
缶詰以外の食事メニューがない点が特徴です。

当面の計画では、東京都内と大阪、名古屋の
両市に合計6店舗を出店するそうです。

提供する缶詰の種類は、300種以上に及びます。

中身は北海道産の熊の肉からフランスの
サラダまでと多彩で、オリジナル缶詰の
開発にも注力しています。

店内は、缶詰がズラリと並ぶ木製棚を
生かしたモダンな造りです。

来店者は、棚で好みの缶詰を選び、
缶の中に詰まった料理や食材を楽しむ。

このスタイルが幅広い年齢層の支持を
集めているようです。

面白いですね。
安いのでしょうかね。

安くておいしいと人気がでると思います。

|

トヨタとBMWが提携

トヨタとBMWが提携するようです。

独シュピーゲル誌は24日、トヨタ自動車とBMWが

提携分野の拡大を検討していると伝えました。

BMWは昨年12月に、2014年から欧州で

トヨタにディーゼルエンジンを供給することや、
電気自動車用リチウムイオン電池の研究でトヨタと

協力することで合意していました。

同誌によると、両社はそれ以降、他の分野に

おける提携について検討しており、いくつかの
プロジェクトについて合意に達したそうです。

ハイブリッド技術を供与するとか言われています。

ヨーロッパでは、ハイブリッドよりも、今のガソリンや
ディーゼルを改善する方向です。
ハイブリッドって、結局日本だけですからね。
構造がかなり複雑のようですから。

シンプルがよいようです。
トヨタは、仲間を増やしたいようです。

|

韓流ライブが急遽中止

韓流ライブが急遽中止になるようです。

KARAを始め、韓国の人気グループが
多数出演して、30日、7月1日に兵庫県豊岡市で
開催予定だったライブイベントが急きょ中止に

なったことが22日わかったそうです。

「K―POP IN 豊岡・神鍋高原」と題した

イベントで、KARAや超新星、RAINBOWなどが

出演する予定だったそうです。

主催のアンフィニジャパン(大阪市福島区)が

債務超過状態に陥ったためです。

同社は大阪地裁に自己破産の申請を
準備しており、チケット購入者への返金に
応じられなくなっているということです。

代理人の弁護士によるとチケット販売が低調で、
プロダクションに支払う資金を確保できなくなったそうです。

既に販売したチケットの代金は開催準備に充てており、

返金のための資金を確保できない状態だという。

テレビや、マスコミが、韓流とかK-POPとか騒いで

いますが、一部の人だけです。
コンサートをしてもそんなに集まりませんよ。

この主催者はチケットが売れると思ったのでしょうかね。

そして返金もしないようです。
おかしいですね。
計画倒産のような気がします。

|

NY株が下落

NY株が大幅に下落しました。

21日の米国株式市場は大幅安になりました。

ダウ工業株30種は250.82ドル(1.96%)安の
1万2573.57ドルで終わりました。

主要株価指数は軒並み2%近く下落し、
一日の値下がりとしては過去3週間で最大と
なりました。

世界的な製造業の減速が企業収益を
圧迫するとの懸念が広がるなか、売りが
膨みました。

FRBの追加の金融政策が見送られたことも
あるようです。

他の国に株価も落ちています。
原油も落ちています。

でも、円も円安になっています。
アメリカが落ちるといつも円高になって
いたのに、おかしいですね。

|

マイクロソフトのタブレット

米マイクロソフトが独自のタブレット端末「サーフェス」を
発表しました。

市場で優位を誇る米アップルのタブレット端末
「iPad(アイパッド)」を超えられるでしょうか。

アップルはこれまで、機能で勝負しようとした

競合各社のタブレットを退けてきました。

グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を
搭載した端末など多くのタブレット端末は、
米アマゾンの「キンドル」など一部のものを除き、

iPadほどの大きな支持を得るには至っていません。

今回のマイクロソフトは、かなり力を入れているようです。

サーフェスのカバーは一部がキーボードとなっていて、
圧力感知型のキーボードを備える「タッチカバー」と、
従来型に近いキーボードを備える「タイプカバー」の
2種類があるそうです。

厚さは前者が3ミリ、後者が5ミリ。いずれもiPad向けに
提供されている多くのキーボードより薄くてスリムです。

色も黒、ピンク、赤、青などさまざまな選択肢があるようです。

アメリカの消費者の支持を取れれば、マイクロソフトも
新しい市場に入れるかも知れません。

もう、アップルのジョブズ氏はいませんから、これから
iPadが、革新的なことは望めません。
勝てるかも知れません。

注目ですね。

|

ダイソーが電子書籍

ダイソーが電子書籍をおこなうそうです。

100円ショップ「ザ・ダイソー」を展開する

大創産業と子会社の大創出版は
6月19日、iOS向け低価格電子書籍アプリの
シリーズ「DAISOブックス」を発表しました。
第1弾として6月18日から「平清盛」「源頼朝」
「高島易断総本部歴書館編纂運勢暦」の
3アプリをApp Storeで配信しています。
Android版も販売しており、それぞれ価格は
99円となっているそうです。

ザ・ダイソーで販売している人気の書籍を
電子化しました。
ページの拡大縮小や検索、ブックマークなどに
対応するほか、お絵かき機能で本に
書きこみを加えるといったこともできるそうです。
また、運勢暦の本には九星を自動算出
してくれる機能を組みこむなど、コンテンツに
合わせて電子書籍ならではの追加機能も
盛りこんでいるそうです。
ダイソーが電子書籍は意外ですね。
安くて読みたい本があれば、どこでも
かまいませんが。
あとは、品揃えですね。
少し日本は乱立しすぎてどこがよいのか
わかりませんね。

|

ギリシャ問題

ギリシャで再選挙がありました。

緊縮策が指示されたようです。
でも、まだ過半数にはなりません。
再選挙が行われたギリシャでは、19日に
連立政権樹立に向けた合意が成立する
見通しとなりました。
17日の再選挙で第1党となった緊縮支持派、
新民主主義党(ND)関係者が18日明らかにしました。
連立するしかないですね。
これだけ、世界を混乱させているのですから。
連立協議は「あす(19日)合意に達し、
政権を樹立する」見通しです。
旧連立与党の全ギリシャ社会主義運動
(PASOK)も閣僚ポストを得る見通しで、
EU/IMF支援協議にあたった2政党が再び、
救国政府を主導することになるそうです。
前と、何が変わったのでしょうかね。
混乱しただけのような気がします。
前途多難です。

|

アメリカでの検索のシェア

Experian Hitwiseがアメリカの検索の

シェアを発表しました。
Googleは合衆国で依然として
圧倒的に最強の検索エンジンです。
昨年から今年にかけてはやや伸び悩み、
Yahoo、それにとりわけMicrosoftのBingの両社が
増加しているようです。
Hitwiseの数字では、2012年の6月2日に終わる
4週間の検索利用総数の分析です。
Googleが65.2%を占めています。
前年同期では68.11%で、シェアでは68.11 
65.02で3.09%の減、検索件数の絶対数では
5%の減となったようです。
一方、Yahooも含むBingの合計#はシェアが
28.12%で前年同期比1.33%の増、絶対数では
5%の増となったそうです。
Yahoo単独のシェア(#上記内数)は14.95%、
Bingに直行する検索(#上記内数)は13.17%で、
検索件数としてはそれぞれ3%、7%の増と
なっているようです。
3%って大きいですね。
なぜでしょうね。
YahooやBingの検索エンジンもだんだんよくなって
いるのでしょうか。

|

女子バレー

女子バレーに栗原が戻ってきました。

ロンドン五輪の前哨戦です。
バレーボール女子のワールドグランプリ
小牧大会第1日は15日、愛知県小牧市
スポーツ公園総合体育館で1次リーグ2試合を行いました。

日本(世界ランク3位)は3-0のストレートで
ドミニカ共和国(同9位)を下しました。

代表復帰戦となった栗原恵(27)=カザニ=は
安定したプレーで勝利に貢献しました。

ドミニカは五輪1次リーグで対戦する相手です。
日本はセッターの竹下佳江(34)らを温存しました。

スタメン出場した栗原は立ち上がりに
サービスエースを決めるなど攻守にわたって
存在感を見せました。

栗原が入ると幅が広がります。
木村だけでは、負担が大きすぎます。

これで、オリンピックが面白くなります。
是非、メダルを取ってほしいですね。

|

ノキアが追加の人員削減

時代が変わっています。

フィンランドの携帯電話機メーカー、
ノキアは世界全体で1万人を追加削減すると

発表しました。

また、第2・四半期の携帯電話事業での
損失が予想を上回るとの見通しも明らかにしました。

発表を受け、同社株は序盤の欧州市場で
一時、9%急落したそうです。

ノキアは、昨年2月にスマートフォン(多機能携帯電話)の
基本ソフト(OS)を自前の「シンビアン」から
米マイクロソフト製に切り替えると発表して以降、
株価が70%超下落していたそうです。

あのノキアが、赤字になっています。
そして人員削減です。

携帯電話の巨人でした。

誰が、負けると思ったでしょうかね。

それが、アップルとアンドロイドに負けましたね。
スマートフォンの時代です。

|

4月の機械受注

内閣府が13日に4月機械受注統計を
発表しました。

民需は予想を上回る堅調な伸びとなったようです。

化学工業や卸売・小売業など主に内需向けの
設備投資関連の受注が押し上げています。

また官公需も引き続き高水準を維持、
復興需要とみられる受注も好調です。

一方、加工型産業からの受注は振るわず、
外需も大幅な落ち込みを見せるなど、世界経済減速の
影響が足を引っ張り企業の投資マインドに水を
差しかねない情勢のようです。

国内の景気はよいようです。
震災の復興の影響が大きいですね。

輸出は、ヨーロッパの金融不安で、よくないようです。
でも日本は輸出は、15%くらいですから全体からみれば
少ないです。

|

テルマエ・ロマエ

映画のテルマエ・ロマエがヒットしているようです。

阿部寛主演の映画『テルマエ・ロマエ』が、
興行収入50億円を突破したそうです。

邦画の50億円超えは、2010年に邦画実写映画
ナンバーワンの興行成績79億円超えを記録した
『THE LAST MESSAGE 海猿』以来の快挙だそうです。

『テルマエ・ロマエ』は、イタリア人を夫に
持つ漫画家ヤマザキマリの同名コミックの
映画化作品です。

古代ローマ人が風呂限定で現代日本に
タイムスリップするという奇想天外なストーリーと
古代ローマ人役を日本人が務めた斬新な設定で
話題を呼んでいます。

イタリアを舞台にした映画で、日本人が
演技するのも奇抜ですが、ストーリも
面白いですね。

50億円はすごいですね。
海外でも、公開されるようです。

|

NY株が下落

週明け11日のニューヨーク株式相場が下落しました。

優良株で構成するダウ工業株30種平均は
前週末終値比142.97ドル安 の1万2411.23ドルです。

5営業日ぶりに下落して終了しました。

ハイテク株中心のナスダック総合指数は
同48.69ポイント安の2809.73で取引を終え ました。

ユーロ圏諸国がスペインへの金融支援で
合意したものの、支援の最終決定までの不透明感や、
ギリシャのユーロ圏離脱の可能性など、依然として
欧州経済の先行きに対する警戒感が続いています。

アメリカの景気もよくないですからね。
アップルのような、一部の企業の業績は
よいですが、他はよくないですね。

雇用も不安な材料です。
まだまだ、安心できません。

|

iPhone 4Sの評価

調査マーケティング会社のイードは、

「iPhone 4S」の購入者2000名(SBM:1000名、au:1000名)を
対象に、「iPhone 4S通信会社選択の満足度に関する調査」を

実施しました。

ソフトバンク(SBM)とauです。

au購入者の満足度が、SBM購入者の満足度を

上回りました。

満足度が高かった項目は、au購入者が
「通信エリアの広さ・圏外の少なさ」、
「インターネットのつながりやすさ」、
「インターネットの速さ」などです。

SBM購入者では「端末価格の安さ」や
「月々料金の安さ」に満足と回答、
前回調査同様にSBM購入者は安さを
支持しているようです。

やっぱり人気がありますね。
これからも、iPhoneは売れそうです。

|

ルネサスの賃金

ルネサスが賃金をカットするようです。

業績が悪化している半導体大手ルネサス
エレクトロニクスは8日、一般社員を対象に
7月から9カ月間、月給を7.5%カットする方針を
固めました。

冬の賞与(ボーナス)も支給を見送るそうです。

経営側が同日、労働組合に提示しました。

残業手当の割増率引き下げなどと合わせ、
固定費を年350億~400億円圧縮、早期の黒字転換を
急ぐそうです。

ルネサスは、ずっと赤字です。
厳しいですね。

人員も減らすそうです。

でも、優秀な社員は残ってほしいですね。

人を減らすと、いつも優秀な人から辞めて
いきますからね。

|

中国が利下げ

中国が、どんどん減速しています。

中国人民銀行(中央銀行)は7日、
金融機関の貸し出し・預金の基準金利を
それぞれ0.25%引き下げると発表しました。

8日から実施します。

中国が利下げを実施するのは、リーマン・ショック後の
08年12月以来約3年半ぶりです。

経済の減速感が強まる中、本格的な金融緩和に

踏み切ることで景気の腰折れを回避するようです。

今回の利下げで、1年物の貸出基準金利は6.31%、
預金基準金利は3.25%となる。

中国は昨年12月、欧州債務危機などを受け

金融緩和に転じ、銀行から強制的に預金の
一定割合を預かる預金準備率を3年ぶりに引き下げました。

今年1~3月期の実質国内総生産(GDP)の伸び率は
8.1%増と、5四半期連続で鈍化。

世界的な景気低迷の影響で輸出が伸び悩み、
足元の景況感も悪化したため、今年5月までに
3回にわたって預金準備率を引き下げました。

今回の利下げで中国の景気が戻るでしょうか。
一番大きな輸出先のヨーロッパが、駄目ですから、
難しいでしょうね。

内需を拡大したいと思いますが、うまくいくでしょうか。
難しいですね。

|

中国の大気

5日は世界環境デーです。

中国の呉暁青・副環境保護相は
記者会見を行い「一部の外国大使館、
領事館は、代表性のない大気汚染データを
発表しないよう望む」とのコメントを発表したそうです。

呉副環境保護相は「外国領事館が勝手に
空気の質を観測し、インターネット上で
データを発表することは、駐在国の法律を守り、
内政干渉してはならないとするウィーン外交関係条約、
ウィーン領事関係条約の精神に反するものである」と
指摘したそうです。

また、1点のみの観測データを用いて
地域の大気汚染評価を行うことは「非科学的」と
するとともに、「本国の大気汚染基準を用いてわが国の
大気を評価するのは明らかに不合理だ」と批判したそうです。

それだけ、中国の大気汚染が深刻だということです。

北京オリンピックのときでも、マラソンができないのでは
ないかと思いました。
前が見えないくらいスモッグがひどいようです。

早く解決しないと、住民に深刻な被害が
でますね。

|

外食産業

食の安全・安心財団が2011年の
国内外食産業市場規模を
4日発表しました。

前年比1・7%減の23兆475億円と、
4年連続で前年割れでした。

昨年3月の東日本大震災や計画停電による
営業時間の短縮や自粛などが影響しました。

 「食堂・レストラン」が2・6%減、ファストフードを

含む「その他の飲食店」が1・8%減、
「居酒屋・ビアホール」が0・9%減、
「バー・キャバレー・ナイトクラブ」と「料亭」がともに0・6%減と、
各業態で軒並み前年を割りました。

震災で旅行も控えられたことから「宿泊施設」も3・1%減

だったようです。

給食部門では、少子化で「保育所給食」が0・1%減と

なったものの、「学校給食」や「事業所給食」は

横ばいだったようです。

昨年は仕方ないですね。
それでも、1.7%しか落ちていないのはよいと
思いますよ。
今年は、多分増加するでしょうね。

|

日本、オマーンに勝つ

2014年W杯アジア最終予選が始まりました。

3日、日本対オマーン戦が埼玉・埼玉スタジアムで

行なわれました。
日本は本田圭佑のゴールなどで3対0と快勝です。
勝ち点3を手にしました。

12分に本田のゴールにより1点リードで
前半を終えた日本は、後半も攻撃の勢いが
衰えません。
51分、前田遼一が香川真司の浮き球パスに
抜け出すと、トラップがやや大きくなったものの
ゴールにねじ込み、貴重な2点目を挙げる。

さらに日本はその3分後、前田のシュートの
こぼれ球に岡崎慎司が反応すると、
一度はGKアル・ハブシにシュートを阻まれるも、
再び右足で押し込んで3対0です。
オマーンのキーパーがよかったですね。
いくつか、いいシュートがありましたが、
とめられました。
やっぱり、本田がいると違います。
本田、遠藤、香川がいると、幅が広がります。
この勢いで次も勝ってほしいですね。
頑張れ日本!!!!

|

新しい経済団体

楽天の三木谷浩史会長兼社長は、1日夕方、

東京都内で記者会見を開きました。
新しい経済団体「新経済連盟」、略称「新経連」を
発足させると発表しました。

「eビジネス推進連合会からさらに活動の場を
広げて、日本のさらなる発展、国際協力の確保と
いうことを目標に、新しい団体活動をして
いこうということになりました」
(楽天 三木谷浩史会長兼社長)

いいと思いますよ。
経団連は、電機とか鉄鋼とかの昔の業界です。
年寄りばっかりです。
会員数は779社にのぼり、IT関連を中心に、
商社や流通、電機メーカーからマスコミまで
幅広い業種の企業が参加し、三木谷氏が
代表理事をつとめるそうです。
経団連ではできなかったインターネットを
活用したイノベーションについて政治や
行政に対して積極的に提言したいそうです。
いろいろな意見を提言できれば日本がよい
国になりますからね。
頑張ってほしいですね。

|

中国の食品

中国・上海市食品薬品安全研究センターが
食品、薬品の安全性にかんする白書を発表しました。

白書では、調査を受けた市民の7割以上が
国内の食品が「安全ではない」と考えている
ことが明らかになったそうです。

調査は、北京、上海、広州など全国各地域を
代表する8都市の市民計4000人を対象に
食品安全への認知度などについて尋ねたそうです。

調査の結果、調査参加者の45.60%が
「わが国の食品はあまり安全でない」、
27.76%が「極めて安全でない」と回答したそうです。

市民の大半が食品の安全性に疑問を
持っている状況が浮き彫りとなりました。

また、日常生活で最も不安な食品のトップは
肉および肉製品で、以下乳および乳製品、
水産および加工品、青果、穀物および加工品と
続いています。

国民がこう思っても、安全でない食品が
横行するのが問題ですね。
いろいろな薬がありますから、食品に
入れています。

怖いですね。
中国政府も規制しているようですが、
出来ないようです。

日本では想像できません。

|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »