« ギリシャ問題 | トップページ | U-23がオランダに勝利 »

サークルKサンクスの宅配便

宅配便最大手のヤマト運輸とコンビニエンスストア大手の

サークルKサンクスは24日、宅配便サービスで
提携すると正式発表しました。
サークルKサンクスは6月27日から全国の
「サークルK」と「サンクス」の計6184店舗で取扱う
宅配便を、現在の日本郵便の「ゆうパック」から、
ヤマトの「宅急便」に切り替えるそうです。
ゆうパックは痛いですね。
ゆうパックは平成22年に起きた大規模遅配などの
影響で伸び悩んでいます。
ローソンも、問題がでて、ゆうパックをやめました。
こういう影響が日本郵政の業績に現れて
います。
国民新党だった亀井の無理なやり方で、
改革がおかしくなって、ゆうパックにトラブルが
起きました。
そして、亀井は、国民新党から追い出されて
しまいました。
小泉改革を後戻りさせなくて修正すれば
よかったのにね。
少なくとも、あの時点では国民は
郵政改革を支持したのですから。

|

« ギリシャ問題 | トップページ | U-23がオランダに勝利 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事