« 尖閣諸島購入の寄付金 | トップページ | ギリシャ問題 »

脱中国

日米で製造業の「自国回帰」の動きが加速しています。

背景にあるのは中国の人件費高騰です。

短期的には労働コストの上昇要因となるが、
日米とも「雇用を守りたい」という考えで
官民が一致しています。

工場の自動化・効率化などの生産革新で
内外のコスト差を縮めるだけでなく、米国では
強力な国の政策も回帰を後押ししています。

日本は高品質の「日本製」を前面に輸出拡大を
図る構えです。

先進国の宿命ともいえる産業の空洞化に
立ち向かう試みがいま、成果を上げつつあるようです。

NECのパソコンは、もう日本で組み立てています。
キャノンは、無人化工場を日本で作ります。

もう中国の製造業の時代ではありません。
市場は、残りますが。

人件費は東南アジアの方が安いですからね。
反日感情もありません。

これからは、東南アジアやインドですよ。

|

« 尖閣諸島購入の寄付金 | トップページ | ギリシャ問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事