« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

オリンパスの解任の社長

マイケル・ウッドフォード氏 は、オリンパスの

損失隠し疑惑を指摘して
同社の社長を解任されました。
解任は不当だとして同社を訴えた裁判です。
オリンパスがウッドフォード氏に1000万ポンド
(約12億4500万円)を支払うことで和解する
見通しになったそうです。
ウッドフォード氏は同社の損失隠し疑惑を
指摘し、昨年10月に解任された。
関係者によると、ウッドフォード氏が本来
受け取れるはずだった約3年半の報酬を
オリンパスが支払う方向で調整しているそうです。
でも、なんとなく、違和感がありますね。
結局は、お金がほしかったような気がします。
12億円って、多すぎませんかね。

|

法科大学院

法科大学院が曲がり角ですね。

明治学院大(東京都港区)は28日、
来年度から法科大学院の学生募集を停止するようです。

在籍する学生の卒業を待って5年後をめどに
廃止すると発表しました。

入学志願者が減少し、改善の見込みが
ないためとしている。

法科大学院を巡っては、姫路独協大(兵庫県姫路市)が
11年度から、さいたま市の大宮法科大学院大も
来年度から募集を停止。

大宮法科は桐蔭横浜大(横浜市)と統合する

予定になっている。

11年度の合格率は平均で24%に

とどまっているようです。

合格率より、せっかく頑張って司法試験に
合格しても就職がないことです。
これが一番大きいですよ。

アメリカのように訴訟社会ではないですから。
弁護士の所にはすぐに行きません。
法科大学院は失敗だったですね。

|

4号機の未使用燃料

4号機の未使用燃料の取り出しをおこなうようです。

政府と東京電力が、福島第1原発4号機の
燃料貯蔵プールに保管されている未使用の
燃料集合体2体を、今年7月にも試験的に
取り出す計画を進めているそうです。

4号機は定期検査中に被災し、プールには
1535体の燃料集合体が保管されているそうです。

204体は定検後に使用する予定だった
未使用の新燃料で、このうち2体を7月にも
試験的に取り出すそうです。

燃料被覆管の損傷状況を調べ、保管方法などを検討する。

廃炉に向けた工程表では、プールの
燃料取り出しは平成25年末までの
着手が目標です。
燃料をプール内で専用の保管容器に
入れて取り出すことにしているが、今回は
重機で燃料の取っ手をつかんで引き上げるようです。

リスクが減るからいいですね。
もうかなり落ち着いていますから、
取り出せるものは取り出したほうがよいですね。
放射能の放出がなくなります。

|

U-23がオランダに勝利

サッカー・トゥーロン国際大会1次リーグA組第2戦です。

25日、日本は3-2でオランダに勝ちました。

最初の試合で負けましたから日本がオランダとの
打ち合いを制して勝ち点3を挙げたのでよかったです。

2-2で迎えた後半33分に、扇原が決勝点となる
右足シュートを突き刺しました。

U-23の試合は、日本代表に比べたらまだまだですね。

もっと、いい選手がたくさんいると思いますが。

サックに比べて、U-22の監督は、なんとなく
選手を見る目がもう一歩かなと
思いますね。

|

サークルKサンクスの宅配便

宅配便最大手のヤマト運輸とコンビニエンスストア大手の

サークルKサンクスは24日、宅配便サービスで
提携すると正式発表しました。
サークルKサンクスは6月27日から全国の
「サークルK」と「サンクス」の計6184店舗で取扱う
宅配便を、現在の日本郵便の「ゆうパック」から、
ヤマトの「宅急便」に切り替えるそうです。
ゆうパックは痛いですね。
ゆうパックは平成22年に起きた大規模遅配などの
影響で伸び悩んでいます。
ローソンも、問題がでて、ゆうパックをやめました。
こういう影響が日本郵政の業績に現れて
います。
国民新党だった亀井の無理なやり方で、
改革がおかしくなって、ゆうパックにトラブルが
起きました。
そして、亀井は、国民新党から追い出されて
しまいました。
小泉改革を後戻りさせなくて修正すれば
よかったのにね。
少なくとも、あの時点では国民は
郵政改革を支持したのですから。

|

ギリシャ問題

ロイター通信の23日の記事です。

財政危機のギリシャが欧州連合(EU)の
ユーロ圏から万一離脱した場合に備え、
ユーロ圏各国が個別の緊急対策を
用意することで合意したそうです。

各国当局者が21日の電話協議の際、
どのような波及影響があり、どう対処すべきか、
準備の必要性で一致したということです。

ギリシャはユーロ圏の金融支援と引き換えに

緊縮策に取り組んでいるが、先の総選挙では
反緊縮派が躍進しました。

来月の再選挙後に反緊縮派の新政権が樹立されると、
緊縮策をほごにし、ユーロ圏離脱に追い込まれるのではとの
懸念が浮上しているそうです。

でも、今のままユーロに残っても金融不安は
なくなりませんよ。
一番、必要な為替が変わりませんから。

為替が国の経済を調節することにより、
貿易収支が変わってきます。

ギリシャが、これからどうするのか、注視する
必要があります。
 

|

脱中国

日米で製造業の「自国回帰」の動きが加速しています。

背景にあるのは中国の人件費高騰です。

短期的には労働コストの上昇要因となるが、
日米とも「雇用を守りたい」という考えで
官民が一致しています。

工場の自動化・効率化などの生産革新で
内外のコスト差を縮めるだけでなく、米国では
強力な国の政策も回帰を後押ししています。

日本は高品質の「日本製」を前面に輸出拡大を
図る構えです。

先進国の宿命ともいえる産業の空洞化に
立ち向かう試みがいま、成果を上げつつあるようです。

NECのパソコンは、もう日本で組み立てています。
キャノンは、無人化工場を日本で作ります。

もう中国の製造業の時代ではありません。
市場は、残りますが。

人件費は東南アジアの方が安いですからね。
反日感情もありません。

これからは、東南アジアやインドですよ。

|

尖閣諸島購入の寄付金

尖閣諸島(沖縄県石垣市)購入計画です。

東京都が購入資金の寄付口座を
開設してから16日で20日がたち、
総額約7億円が集まっているそうです。

購入額は未定だが「10億~15億円」(関係者)との
見方があり、寄付だけでこれを超える可能性も
現実味を帯びてきたそうです。

16日午後6時現在の寄付は計5万731件、
6億9342万5018円。

1日あたりでみると、2500件以上、
約3千万円に上る。

このほかに、起業家から1億円の申し出も
あるということです。

すごいですね。
どんどん寄付が集まっています。

国民は、わかっているのですよ。
国が領土を守らなければ、国民が守ります。

|

電力のの小売り

経済産業省の「電力システム改革専門委員会」

(委員長=伊藤元重・東大教授)は18日、電力小売りに
ついて家庭向けを含め、全面的に自由化することで
一致しました。
いいですね。
やっと、日本も自由化されます。

人件費や燃料費などに一定の利益を
上乗せする「総括原価方式」も撤廃し、
電力業界に競争原理を導入します。
電力会社の発電事業と送配電事業の
分離など電力自由化も加速します。
一般家庭の電力購入の選択肢が増え、
電気料金の引き下げにつながる可能性があります。

家庭向け電力の自由化は、政府が今夏に
まとめる新たなエネルギー基本計画に盛り込むそうです。
電力業界も受け入れる方向で、来年春にも
電気事業法の改正案を国会に提出します。
周知期間を経て早ければ2015年前後に実現する。

電力の小売りが全面自由化されれば、消費者は
電力会社のほか安価に電力を提供する
新電力(特定規模電気事業者=PPS)や
再生可能エネルギー専用の小売業者などから
自由に購入先を選択できます。
今の電力会社の一番の問題は、業者が簡単に
値上げすることです。
消費者のことを考えていません。
NTTもKDDIやソフトバンクが入ってきて、
値段がどんどん安くなりました。
電力も早急にやるべきですね。
絶対に、日本の電力も安くなります。
あとは、どこの会社が電力を供給するかですね。

|

福山のホテル火災

広島県福山市のホテルプリンスで宿泊客7人が

死亡した火災です。
ホテル経営会社の代理人弁護士が17日、
「亡くなった方、ご遺族、けがをした方に、
いくらおわびしてもし尽くせない程の
申し訳ない気持でいっぱいです」とする
おわび文を発表しました。
でも、市や消防から、何回も不備を指摘
されていたそうです。
窓も、ふさがれていたそうです。
ただ、ホテルの防火上の不備に
ついては社長は「自分が直接、消防から
指摘を受けたことはない。福山市の査察も、
自分は立ち会っていないという認識。記憶がない」と
説明しているということです。
でも、消防は、排煙装置などの不備を指摘して
いますからね。
こういう社長だから事故がおこるのです。
きちんと損害賠償をして、この経営者の責任を
明確にすべきですね。

|

モザンビークのガス田

三井物産が米資源大手のアナダルコなどと共同で
アフリカ南東部モザンビーク沖の大規模ガス田を
探査しています。

その埋蔵量が、単一鉱区として世界最大規模に
なることが15日、分かったそうです。

確認埋蔵量は50兆立方フィートにのぼり、
これまで最大だった東京ガスなどが参画する
豪ゴーゴンLNG(液化天然ガス)プロジェクト
(40兆立方フィート)を抜く見通しのようです。

平成25年の開発決定後、30年をめどに
陸上にLNG基地を建設。

当初は年1千万トンを生産し、半分以上を
日本に輸入するそうです。

今回確認された埋蔵量から計算すると、
昨年1年間の全輸入量の約6割に当たる
年5千万トン規模が生産できる可能性があるようです。

これもいいことですが、日本近海のメタンハイドレードを
早く実用化してほしいですね。
そうすれば、わざわざ海外から購入しなくてすみます。

|

ウイグル会議

世界各国の亡命ウイグル人団体を束ねる

「世界ウイグル会議」(本部ドイツ・ミュンヘン)の
第4回代表大会が14日、東京都千代田区の
憲政記念館で開幕しました。
3年に一度の代表大会のアジア開催は
初めてだそうです。
同会議を「分裂主義組織」と非難する中国政府は、
日本政府に大会開催阻止を要求。
温家宝首相は13日、北京で野田佳彦首相と
会談した際、この問題で強く反発したそうです。
2004年に設立された世界ウイグル会議の議長は
ノーベル平和賞候補にもなった女性人権活動家の
ラビア・カーディル氏。
大会には125人程度のウイグル人団体代表が出席し、
今後3年間の運動方針を話し合うそうです。
開会式には、たちあがれ日本の平沼赳夫代表ら
日本の国会議員も出席しました。
中国のいつもの嫌がらせです。
それで、首脳会談をしないならやらなくてよいのですよ。
もう、中国より、東南アジアやインドにシフトした方が
よいと思います。
中国は、確かに人口が多いですが、2015年からは
生産人口が減り始めますから。
高齢者が増えてきます。
中国には毅然とした態度をとるべきです。
野田首相は、鳩山、管よりはずっといいですよ。
 

|

白鵬が3敗

白鵬が3敗しました。

満員の両国国技館に2日連続で
座布団が舞いました。

白鵬が、前日の金星配給に続く連敗です。
早くも優勝戦線から大きく後退しました。

かち上げ気味の立ち合いで豪栄道を押し込んだが、

土俵際で素早く体を入れ替えられると、もろ差しを
許して万事休す。

残す腰なく土俵を割りました。
支度部屋では「(動きに)ついていけなかったね」と

答えたきり、不振の要因を探るように目を閉じ口をつぐんだ。

今の、力士のレベルは、貴乃花や千代乃富士の時と

違います。
かなりレベルが落ちています。
この中で、いくら連勝してもあまり意味がありません。

これで、3連敗しました。
白鵬のレベルが落ちていると思います。
ここで、持ち直してほしいですが。

早く、日本人の横綱がほしいですが。

|

中日新聞の「南京事件」意見広告

名古屋市の河村たかし市長の「南京事件」

否定発言に対するバッシングに疑問を持った
有識者らが、東海地区で最大の発行部数を誇る
中日新聞(名古屋市)に、南京事件について
自由な議論を呼びかける意見広告を掲載しようとしました。
中日新聞から、「社論に合わない」と拒否されて
いたことが11日、分かったそうです。
突然、中日新聞側から「掲載できない」と
通告されたということです。
おかしいですね。
中国からの嫌がらせを恐れているのか、
何かありますね。
問題を大きくしたくないのですね。
社論って何なのですかね。
毎日、朝日、日経新聞など、うそばっかり
記事にする新聞は、なくしてしまった方が
よいかも知れません。
南京事件だって、結局、朝日新聞が、でっち上げた
ことですよ。
日本人は事実を検証して、全世界に公表すべきなのです。
慰安婦問題も同じです。

|

団塊世代のためのビジネス

外食大手のワタミが昨年9月に相模原市中央区に

オープンした高齢者向けのデイケアセンター
「ハッピーデイズ」です。
「シェフ特製豆カレー」が人気のようです。
食堂は高級レストランの雰囲気が漂っています。
フランス料理のシェフが腕をふるうランチは、
前菜3種とデザートもついたフルコースです。

ワタミは平成16年に介護事業に参入。
デイケアセンターのほか、介護付き有料老人ホームや
高齢者向け食事宅配サービスを手がけています。
平成22年度のグループの売上高のうち
介護関連事業が占める割合は30%を突破したそうです。

ワタミの真骨頂は、競争の激しい外食事業で培った
ノウハウを生かした「おいしい介護食」にあるそうです。
時代が変わっています。
介護食もおいしさですね。
ワタミは、売上げの3割が介護ですか。
大きいですね。
ビジネスとしての市場がどんどん大きくなって
います。

|

ハローワーク特区

ハローワーク特区ができたようです。

政府の地域主権戦略会議の作業チームが
国が所管するハローワーク業務を
地方自治体へ移管することについて議論しています。

初めて埼玉、佐賀両県に「ハローワーク特区」を

設置することを決めました。

同特区では、知事が業務内容を指示することができる。

厚生労働省と両県で具体的な取り組み内容を詰め、
10月をメドに特区事業を開始する。

特区になるのはハローワーク浦和(さいたま市)と

ハローワーク佐賀(佐賀市)です。

ハローワークを指揮・監督する労働局長に対し、
知事が指示でき、具体的には、ハローワークに
寄せられた求人情報を検索するパソコンを県の
出先機関に設置したり、ハローワーク職員と
県職員の人事交流をしたりすることなどが
検討されるということです。

ハローワークと県の連携を強め、効果的な
雇用対策の実施を目指すそうです。

何のメリットがあるのでしょうかね。
県との連携で何ができるのでしょうかね。

民間に委託すればよいと思いますよ。
そのほうがメリットがあると思います。
リクルートとかにね。

|

大学生の仕送り

大学生の仕送りが減っています。

全国大学生活協同組合連合会が
2011年10月に「第47回学生の消費生活に

関する実態調査」行いました。

アルバイト代や仕送り、奨学金などを含む
下宿生の「収入」は4年連続で減り続けています。

1カ月平均11万8900円と1990年以降最低の
金額になったということです。

仕送り額が最も多かった96年に比べると
3万2460円のマイナスで、約3割も減少した
そうです。

その理由はやはり親の収入減です。
でも、「自分は楽なほう」だと思う割合が
前年の40.1%から43.8%に増加しているそうです。

これには物価の低下などさまざまな理由が
考えられるが、「子供が、がんばっている
親の姿を見ていること」があるそうです。

それはあるかもしれません。

人間は少ないなら少ないなりに頑張るのですよ。
我慢すれば学生生活が出来ますからね。
多く仕送りすることがよいことだとは
思いませんね。

|

NY株が続落

アメリカのNY株が続落です。乱高下ですね。

4日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)は
前日比168・32ドル安の1万3038・27ドルと

3日続落しまhした。

下げ幅は今年3番目の大きさでした。
米労働省が発表した4月の雇用統計で、

非農業部門の就業者の増加数が市場予想を
大幅に下回ったようです。

雇用改善の遅れで、米景気の先行き不安が強まり、
幅広い銘柄が売られました。

6日に仏大統領選の決選投票やギリシャの総選挙を
控え、欧州の財政・金融危機への懸念が高まったことも、
相場を押し下げたようです。

アメリカの株価は、雇用に左右されますからね。
でも、先日はよくなったとか、今回は悪くなったとか、
どうなのでしょうかね。

|

入社式に親が参加

大学の入学式に親が出席するのは、当たり前です。

でも、会社の入社式に親が出席するように
なってきているようです。

今年から親を入社式に招待する企業も
あるようです。

佐賀県を中心に調剤薬局などを展開する
ミズグループ(本社・佐賀市)では、32人の
新入社員に対し39人の親が入社式に参加したそうです。

同社では、以前から初任給が出た日に
両親への手紙を直筆で書くようにするなど
新人研修では「親への感謝」を教えてきたそうです。

昨年の入社式では、事前に会社が
新入社員の家族などから手紙を預かり、
先輩社員が手紙を代読して新入社員に
伝えることを行ったそうです。

この企画が社員の心を打ち、今回からは感謝の
気持ちを直接、両親に伝えようと親を招待することを
決めたそうです。

親に感謝するのは、大事ですが、親離れするのも
大事です。
就職したら、会社と親は切り離すべきだと思いますよ。

|

世界の終末

調査会社イプソスが世界的規模で

行った最新の調査です。
「生きているうちに世界の終わりが来ると思う」と
回答した人が、全体の約15%にのぼるそうです。
イプソスは21カ国の計1万6262人を
対象に調査を実施しました。
死ぬまでに世界の終末が訪れると
信じている人は、国別では米国と
トルコが22%と最も多く、南アフリカでも
2割を超える結果だったそうです。
最も低かったのは、フランスの6%だったようです。

理由の1つに古代マヤ文明の予言が
メディアに注目されていることをあるようです。
古代マヤ文明の暦では、2012年12月に
世界の終末が訪れるとされているそうです。
日本でも、地震が続いています。
でも、乗り切れると思いますよ。
1年前の地震と津波で多くの人が亡くなりました。
でも、やっぱり、前に進むしかないですね。
戦争でも多くの人が亡くなりましたが復興しましたから。

|

新車販売

4月の新車販売が好調のようです。

日本自動車販売協会連合会(自販連)と
全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が
2012年4月の国内新車販売台数を
まとめました。

前年同期比93.7%増の35万9631台と

なりました。

昨年が東日本大震災の影響で低水準だったので
その反動と、エコカー補助金のようです。

軽自動車、軽自動車以外いずれも
前年同月比の伸び率は過去最大でした。

自販連が1日発表した12年4月の
国内新車販売台数(軽自動車を除く)は、
前年同月比92.0%増の20万8977台でした。

8カ月連続で前年実績を上回った。
68年の統計開始以来、伸び率は過去最大となったが、
台数としてはピークの91年(47万0549台)に比べて
半分以上減少した低水準だそうです。

でもこれだけ売れるのはよいですね。
景気もよくなっているのですね。
これが続けばよいですね。

|

円高

また、円高になっています。

30日のニューヨーク外国為替市場で、

円相場は一時、1ドル=79円79銭になりました。
2月24日以来、約2か月ぶりに79円台を
つけました。

欧米経済の先行き不透明感で、安全資産の
円が買われています。
日本銀行が4月27日に追加の
金融緩和策に踏み切ったが、
「規模が小さく予測の範囲内」(米アナリスト)との
見方から、円高進行に歯止めがかかって
いないようです。

米連邦準備制度理事会(FRB)が
追加金融緩和に踏み切るとの観測もあるようです。
困りますね。
円高になって、ガソリンなどが安くなればよいですが、
あまり期待できません。
輸出産業は、大変になります。
もっと、政府の介入が必要ですね。

|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »