« 尖閣諸島の購入 | トップページ | 国境離島の法案 »

4K2Kテレビ

国内メーカーのテレビは、需要の低下と

急激な低価格化、そして国際競争の
激化などで、かつてない苦境に
立たされています。
同じような製品ですから、どんどん価格が
下がっています。
韓国のウォン安には勝てません。
その切り札ができるようです。
その一つがフルハイビジョンの4倍の解像度をもつ
4K2K表示に対応したテレビである。
4K2Kとは、フルハイビジョン(1920×1080ドット)の
約4倍(3840×2160ドットあるいは4096×2160ドット)の
超高解像度を実現した映像です。
確かに、今の液晶や、有機ELテレビより劇的に
解像度が上がれば、いいと思いますね。
今のテレビって、やっぱり解像度がわるいですね。
もし、解像度を劇的に上げられれば、少し値段が高くても
売れると思います。
やっぱり、スポーツとか、音楽のライブとか映画のように
見えれば買うと思いますよ。
絶対に日本メーカーに頑張ってほしいですね。

|

« 尖閣諸島の購入 | トップページ | 国境離島の法案 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事