« 円安とユーロ | トップページ | 台湾旅行 »

北朝鮮のミサイル

北朝鮮が、長距離弾道ミサイル発射実験を
おこないます。

「衛星」打ち上げ予告を受け、
防衛省が検討している迎撃態勢の
全容が明らかになりました。

海上自衛隊のイージス艦を飛行計画
ルートに近い沖縄近海に2隻を展開
させるのに加え、日本海にも1隻を配置します。

日本海への展開は、ミサイルが予定軌道を
外れるなど不測の事態が起きた際、首都圏を
防護するためです。

弾道ミサイルを迎撃するミサイル防衛(MD)
システムでは、イージス艦搭載の
海上配備型迎撃ミサイル(SM3)と
地対空誘導弾パトリオット(PAC3)による
2段構えの迎撃となる。

海自のSM3搭載イージス艦は4隻あり、
うち3隻を投入するそうです。

不具合でミサイル本体や部品が落下するのに備え、
イージス艦を沖縄本島付近に1隻、先島諸島の
南方に1隻を配置するそうです。

前回も、いろいろなデータが取れたと思います。
今回もデータ収集と迎撃の可能性が
わかります。

いいシミューレーションです。

|

« 円安とユーロ | トップページ | 台湾旅行 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事