« 日本の造船 | トップページ | 福島原発用のロボット »

国際特許の数

世界知的所有権機関(WIPO)が

特許協力条約(PCT)に基づく2011年の
国際特許出願件数(速報値)を発表しました。
中国通信機器大手の中興通信(ZTE)が
企業別で1位となり、2年連続首位だった
日本のパナソニックは3年ぶりに2位に後退しました。
総出願件数は前年比10.7%増の18万1900件と
過去最高を更新した。
ZTEの出願件数は2826件、パナソニックは2463件。
日本企業ではシャープ(4位)、トヨタ自動車(7位)も
ベストテンに入りました。
国別では、米国(4万8596件)が首位を堅持。
次いで日本(3万8888件)、ドイツ(1万8568件)、
中国(1万6406件)の順。
前年比伸び率では中国が33.4%増、
日本21.0%増と、アジア勢の伸びが目立ちました。
でもですね。
特許で公開すると、韓国や中国が技術を
盗みますからね。
製造工程などは、ブラックボックスにする必要が
あります。
半導体、液晶などは結局韓国や中国から
盗まれましたからね。
ある程度の目安ですね。
それと質が重要です。
 

|

« 日本の造船 | トップページ | 福島原発用のロボット »

経済・政治・国際」カテゴリの記事