« 韓国でのサムスン | トップページ | なでしこジャパンが勝つ »

スバルが軽自動車から撤退

富士重工業が54年におよぶ

軽自動車生産を終えることになりました。
28日に同社群馬製作所(群馬県太田市)で
最後の軽自動車「サンバー」の生産を
終える「ラインオフ式」が行われたそうです。
サンバーは、てんとう虫の愛称で
親しまれた「スバル360」に続くヒット車で、
1961年以降に369万5677台が
生産されました。
他社との業務提携が進み、事業再編で
製造中止が決まったそうです。

運送会社などの駆け込み需要で
フル稼働だったラインは今後、
スポーツタイプの車の製造にあてるそうです。
時代の流れでしょうか。
こんなに円高になって、競争力が
なくなっています。
民主党の責任です。

|

« 韓国でのサムスン | トップページ | なでしこジャパンが勝つ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事