« キリンの仙台工場 | トップページ | 若手を日本代表に選出 »

マツダがディーゼル車

マツダがディーゼル車を発売したそうです。

マツダは16日、新型スポーツ多目的車
(SUV)「CX─5」を発売しました。

排気量2200ccのディーゼルエンジンと、
排気量2000ccのガソリンエンジンを搭載した
モデルを設定。

次世代環境技術「スカイアクティブ」をエンジンや
トランスミッション、車体で全面採用し、高い燃費性能を
実現しました。

ヨーロッパでは、ディーゼルが多いですね。
ディーゼルの技術もどんどんすすんでいます。

燃費もガソリンに劣っていません。

世界販売目標の16万台は全量を
国内で生産し、9割以上を輸出にまわす計画のようです。

「CX─5」は生産、開発、調達などの改善で
1台あたりのコストを低減。

為替レートが1ドル=77円、1ユーロ=100円でも
利益の出る構造になっているという。

すごいですね。
マツダも頑張っています。

|

« キリンの仙台工場 | トップページ | 若手を日本代表に選出 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事