« 消費電力の少ない半導体の開発 | トップページ | 東電の年頭のあいさつ »

配送電分離

政府は、東京電力などの電力会社の送電と配電事業を

一括運営する公的機関の設立を
検討しているそうです。

大規模災害が起きても他の地域から
安定して電力を供給できる体制にすることができます。
新規業者の参入を増やして電気料金の
抑制も目指しhます。
60年以上続いてきた電力会社の地域独占に
風穴を開けることになります。

政府は、電力各社の送配電事業を
公的機関に運用委託することを目指しています。
これにより「発送電分離」を加速させる考えだ。
すでに電力各社と水面下で調整しており、
1月下旬にも方向性を取りまとめるそうです。
いいですね。
どこからでも電力を供給できる体制を
作るべきです。
そして、消費者が電力会社を選択出来るように
すべきです。
どんどん進めてほしいですね。

|

« 消費電力の少ない半導体の開発 | トップページ | 東電の年頭のあいさつ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事