« 2012年の新車販売 | トップページ | 秋入学 »

容疑者Xの献身

米ミステリー作家協会(ニューヨーク)は19日、

同協会が主催する「エドガー賞」の今年の
最優秀小説賞候補5作品の一つに、東野圭吾氏の小説
「容疑者Xの献身」を選んだと発表しました。
選考結果は4月26日に発表されるそうです。

「容疑者Xの献身」は2006年に直木賞を受賞しました。
フジテレビのドラマ「ガリレオ」の映画版として
08年俳優の福山雅治主演で上映されました。
英訳版は11年に出版されたそうです。
同協会の広報担当者は、候補とした理由に
ついては「明らかにしない」としている。

エドガー賞は、推理小説のジャンルを
確立したといわれる19世紀の米作家エドガー・
アラン・ポーにちなみ「ミステリー界のアカデミー賞」と
呼ばれているそうです。
「小説」「短編小説」「劇」などの部門があるようです。
エドガー賞に関しては、作家桐野夏生氏が
04年に小説「OUT(アウト)」で日本人作家として
初めて最優秀小説賞候補に入ったが、受賞を逃したそうです。
すごいですね。
日本の小説は、英語にしないといけないので、
海外の受賞は難しいですね。
それでも、候補になるのはすごいと思います。
東野圭吾の小説は、面白いですね。
是非、受賞してほしいと思います。

|

« 2012年の新車販売 | トップページ | 秋入学 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事