« 配送電分離 | トップページ | 石原都知事と新党 »

東電の年頭のあいさつ

東京電力は4日、西沢俊夫社長が

社内向けの年頭あいさつをしました。
2012年は福島第1原発事故への
緊急対応から中長期的な課題に
取り組む1年になると指摘しました。
「既成概念や既得権益に固執せず、
反省すべきところがあれば反省し、
自ら改革に取り組んでいかなければならない」と
述べたそうです。
電力会社の形態を見直すべきですよ。
配送電分離も考える必要があります。
世界で一番高い電気料金です。
他の企業も参入できるようにすべきです。
づいでに、ガス会社も変えたらよいですが。

|

« 配送電分離 | トップページ | 石原都知事と新党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事