« 内閣支持率 | トップページ | 2012年の新車販売 »

電気料金の値上げ

東京電力は17日、4月から企業向けの

電気料金を値上げすると発表しました。
平均の値上げ幅は約17%で増収効果は
年間で約4000億円です。
福島第1原子力発電所の事故に
伴う原発の稼働停止により火力燃料費が
増大しており、収支構造の改善を図るのが狙いです。
西沢俊夫社長は記者会見で、「現在の状況が
継続すると経営がさらに悪化し、電気の安定供給に
影響に及ぼしかねない」と強調し、値上げに理解を
求めました。

契約電力50キロワット以上の「自由化部門」が
対象で、大・中規模工場やオフィスビル、商業施設
などが含まれます。
値上げは1980年以来です。
家庭向けなど小口の電気料金は国の認可が
必要になるが、同社は、経済産業省で行っている
電気料金の見直し議論の内容や3月に原子力
損害賠償支援機構と共同で策定する「総合特別事業計画」を
踏まえて申請する意向です。
17%は異常ですね。
そんな会社は、国営にして国が管理した
方がよいですね。
やっぱり、他の電力会社が必要なのですよ。
消費者は、企業を選択できるようにすべきです。
17%なんて絶対におかしいと思いますよ。

|

« 内閣支持率 | トップページ | 2012年の新車販売 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事