« 東電の国有化 | トップページ | コミックマーケット »

日本郵便

関東の有力支店(旧・普通局)である
越谷支店(埼玉県)と船橋支店(千葉県)が、
労働基準監督署、監督省庁である総務省、
さらには自社の監察部門から立ち入り調査を
受けているようです。

労基署と総務省の調査の主たる目的は
職員の超過勤務とサービス残業で、同じく
監察部門は大量の郵便物を配らずに
廃棄したという不祥事に対してのものだそうです。

経営判断のミスで大赤字になったので、

ベテランアルバイトを首にしたら仕事が回らず、
その場しのぎで正社員にサービス残業と
超過残業を強いることになり、あまりのひどさに
立ち入り調査を受けているようです。
元はといえば、国民新党が郵政を元に
戻そうとしたので、おかしくなりました。
そして、ペリカン便との統合がうまくいかず
遅配がおこりました。大問題です。
これでローソンなどの大手の顧客が
逃げてしまったのです。
そして赤字になりました。
結局、国民新党が悪いのですよ。
民主党の弊害です。

|

« 東電の国有化 | トップページ | コミックマーケット »

経済・政治・国際」カテゴリの記事