« 冬のボーナスの使い道 | トップページ | 東電の国有化 »

ソニーとサムスン

ソニーが、サムスンとの合弁を解消するようです。

ソニーと韓国電機大手サムスン電子は
26日、液晶パネルの合弁事業を解消する
ことで合意したと発表しました。

ソニーは合弁会社の持ち株全てを、
来年1月末までに約1兆800億ウォン(約733億円)で
サムスンに売却するそうです。

ソニーは赤字が続くテレビ事業の立て直しに向け、
より安価なパネルの外部調達を増やし、
コスト削減を図るそうです。

価格が落ちていますからね。

近年は中国や台湾のメーカーが台頭し、
供給過剰でパネルの市場価格が急落。

一定の数量を引き受ける必要のある合弁が
逆に負担となっていました。

これだけ落ちると採算が取れませんね。
仕方ないですね。

|

« 冬のボーナスの使い道 | トップページ | 東電の国有化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事