« 巨人の内紛 | トップページ | 雑誌「旅」休刊 »

ガスの料金体系

電気料金の次にガスの料金体系も見直しがされるようです。

「料金システムをめぐる議論は、電力業界にとどまらず、
ガス業界にも及ぶのではないか」。
ある都市ガス業界の関係者は、不安の色を隠さない。

都市ガス料金も、電気料金と同じ公共料金システムを
採用しているからだ。

それは総括原価方式と呼ばれ、燃料費や人件費、
設備修繕費などの原価に、一定の利益(事業報酬)を
上乗せして料金を算出するものだ。

巨額な損害賠償を抱える東京電力への政府の
第三者委員会「東京電力に関する経営・財務調査委員会」の
調査以来、総括原価方式の問題点が注目を集めた。

総括原価方式は、長期的な設備投資は計画を
立てやすいという利点はあるものの、その反面、
十分なコスト削減努力が反映されないという点や、
そもそも不適切な費用項目が料金の原価に
含まれているのではないか、という点などが
議論されているそうです。

電気料金やガス料金っていつまでも下がりませんね。

他の物価はどんどん下がっています。
いくらインフラだといっても少しが企業努力で
下げるべきです。

もっといろいろな企業に参入させて
料金を見直したらよいと思います。
消費者も選択できるようになればよいと
思いますが。

|

« 巨人の内紛 | トップページ | 雑誌「旅」休刊 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事