« 失業率の低下 | トップページ | 新車の販売台数 »

TPPへの参加

民主党は、環太平洋経済連携協定(TPP)に関するプロジェクトチーム(PT)を政策調査会に
近く設置し、TPP参加交渉の是非を巡る党内議論を

本格化させるそうです。

政府や党幹部の一部は、TPP参加を

予定している各国が大筋合意する予定の
「11月」までに方向性を出したい考えのようです。

党内の慎重派は参加反対の署名集めの
動きを見せており、調整が難航するのは
必至のようです。

本当に、TPPに参加するのがよいのか、
まとめるべきです。
メリットとデメリットです。

TPPの国の中にはいると、結局、アメリカと日本の2カ国で
殆どを占めます。

それであれば、アメリカと、EPAやFTAの方が
融通がききます。

日本にメリットのないものは参加する必要は
ないと思います。
輸出産業のことではなく、日本の国のことを
考えるべきです。

|

« 失業率の低下 | トップページ | 新車の販売台数 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事