« アメリカの景気対策 | トップページ | 中国の建設機械市場 »

小沢氏の裁判

小沢氏が、資金管理団体「陸山会」の土地購入を
巡り政治資金規正法違反(虚偽記載)で
強制起訴されました。

6日の東京地裁での初公判に臨みました。
小沢一郎・民主党元代表(69)は、閉廷後の
記者会見で強気の発言を繰り返しました。
「何らやましいことはない」ということです。
公判での意見陳述と同様に検察批判を
まくし立てながら、捜査を受けたことを逆手に
取り回答を拒否するなど一方的な説明に終始。
1審で全員が有罪判決を受けた元秘書3人の
監督責任や道義的な責任についても言及はありませんでした。
民主党の代表などもやった人がああいう
会見はいけませんね。
いくら、検察に問題があってもです。
4億円が個人資産であれば、きちんと
説明すべきです。
どのような収益なのか、話せばわかると
思います。
1個人でなくて、議員ですからね。
多くの人が、選挙で投票しています。
違和感がありますね。

|

« アメリカの景気対策 | トップページ | 中国の建設機械市場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事