« ユニクロの業績 | トップページ | スペインの国債の格下げ »

今年の冬のボーナス

経団連が今冬のボーナス(賞与・一時金)の

妥結状況(第1回集計)を13日発表しました。
大手企業87社の平均妥結額(1人あたりの加重平均)は
前年同期比4・77%増の81万480円で、
2年連続で前年を上回りました。 

増加率は、景気が底堅かった2005年(5・08%増)以来の
伸びです。
妥結額は08年(90万4885円) 以来の高い水準だった。 

このうち、製造業(77社)の平均妥結額は5・59%増の
80万9313円で、増加率は05年(6・53%増)以来の伸び。
業種別では、機械金属(19・47%)、電機(16・88%)の伸びが目立った。 

非製造業(10社)は、0・36%減の81万8061円と
2年ぶりに前年を割り込んだ。
いろいろ言われていますが、景気はよくなって
いるようですね。
ボーナスが増えるということは。
いいことです。

|

« ユニクロの業績 | トップページ | スペインの国債の格下げ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事