« 中国のGDP | トップページ | 九電の社長 »

カダフィ大佐が死亡

カダフィ大佐が死亡しました。

約42年にわたって座り続けた“玉座”を追われ、
所在不明になっていた産油国リビアのかつての
最高指導者カダフィ大佐の死亡が伝えられました。
多くの奇行と独特の革命理論、そしてかつてのテロ支援-。
冗舌に自己弁護し、自国民に空爆を行ってまで
権力にしがみつこうとした「中東の狂犬」は、
国際社会の軍事介入まで招いた結果、無残な退場を
余儀なくされました。
テレビで拘束の映像が流れていました。
独裁者もああいう終わり方があると
悲惨ですね。
日本でも、。515や226事件などのクーデターが
ありました。
でも、こういう独裁者ではありません。
でも、次の政権が大変です。
元々、民主化の土壌がないところに
急にはできないと思います。
当分は政情不安が続きますね。

|

« 中国のGDP | トップページ | 九電の社長 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事