« 年金の支給年齢 | トップページ | 今年の冬のボーナス »

ユニクロの業績

カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開する

ファーストリテイリングは12日、2011年8月期
連結決算を発表しました。
営業利益は前期比12.1%減の1163億6500万円と
4年ぶりの減益。
好調を続けてきた主力の国内ユニクロ事業で、
秋物商品の種類を拡充した結果、売れ残りが
出て値引き販売が増加したことが響いたそうです。
売上高は0.7%増の8203億円と、ほぼ横ばいだった。
綿花価格の高騰も減益要因。
夏物衣料などは好調だったものの、補えなかった。
海外ユニクロ事業は、アジアなどへの
出店拡大により大幅な増収増益となったようです。
1ヶ月の業績なんかみてもわからないと
思います。
気温によっても変わります。
ユニクロは、新しい商品がでていますから
またあがってきます。
マスコミは、一喜一憂しすぎです。

|

« 年金の支給年齢 | トップページ | 今年の冬のボーナス »

経済・政治・国際」カテゴリの記事