« 三洋で販売 | トップページ | カダフィ大佐が死亡 »

中国のGDP

中国国家統計局は18日、今年7~9月期の国内総生産(GDP)の
実質成長率が前年同期比で9.1%だったと発表した。
前期(11年4~6月、9.5%)を0.4ポイント下回り、
3四半期連続で前の期を下回りました。

1~9月の成長率は9.4%だった。

欧州債務危機の影響を受け、輸出の勢いが衰えた
ことなどが影響したとみられます。

前期との比較データも公表され、11年4~6月期と
比較した実質成長率は2.3%だった。
年率換算では8%台と予測される。

それでも、まだ9.4%ですから。
これでも国内にいろいろな問題を
かかえています。

自動車、不動産が売れないようです。
物価も高止まりです。

いつバブルが弾けてもおかしく
なくなりました。
どうなるでしょうかね。

|

« 三洋で販売 | トップページ | カダフィ大佐が死亡 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事