« 福島第1原発事故 | トップページ | 円高の影響 »

訪日外国人

日本政府観光局が7月の訪日外国人数

(推計値)を18日発表しました。
前年同月比36.1%減の56万1700人でした。
東日本大震災発生直後の3月12~31日に
前年同期比で73.0%も急減した後は
徐々に回復しています。
減少幅は6月の36.0%とほぼ横ばい。
福島第1原発事故の長期化に加え、円高で
訪日が割高となったため、回復傾向は
足踏み状態となっているようです。
一部の牛肉から放射性セシウムが検出され、
日本の食に対する不安が増したことや、
夏休みの繁忙期で中国や台湾などからの
航空運賃が上昇したことも影響したようです。
国別では、韓国からが40.7%減の14万100人、
中国からは47.2%減の8万7100人、
米国からは23.4%減の5万2100人だったようです。
結局、韓国、中国が減っています。
その分、不法滞在も減っているでしょから
悪い面ばかりではないと思いますよ。
アメリカは円高の影響が大きいと思います。
 

|

« 福島第1原発事故 | トップページ | 円高の影響 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事