« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

ユニクロの始業時間

カジュアルウェアの「ユニクロ」を展開する
ファーストリテイリングは2011年9月から、
山口市と東京・六本木の本部の社員を
対象に始業時間を現行の朝9時から
2時間早めて、7時からにするそうです。

終業時間を16時にして仕事を早く切り上げることで、
就業後に英語やビジネスに役立つ知識を
身につけてもらうのが狙いのようです。

早く仕事をするのはよいことです。
節電にもなります。

英語をおこなうのは、それだけ、英語が
できない人が多いのですね。

でも、やることはよいことです。
グローバル企業を目指しているのですね。

|

液晶で新会社

東芝、日立製作所、ソニーの電機大手3社が、

官民の投資ファンドである産業革新機構の
出資を受け、中小型液晶事業を統合した
新会社を設立することで大筋合意したそうです。
31日にも発します。
3社の中小型液晶の2010年の世界シェア(市場占有率)は
合計で21・5%で、トップのシャープ(14・8%)を抜いて
最大となります。

新会社は革新機構が約7割、3社がそれぞれ1割を
出資し、年内にも設立します。
中小型の液晶パネルは、スマートフォン(高機能携帯電話)
向けなどで需要が急増。
現在は日本勢が優位に立つが、韓国、台湾勢が
急追している。
優位性を維持するため、日本の産業競争力の
強化を目指す革新機構が再編を主導したそうです。
いいですね。
日本は競争で技術が進んでしましたが、
競争を優位にするには、人、物、金の資源を
集中する必要があります。
昔の日の丸半導体です。
もう、官民上げて競争に勝つ必要があります。

|

監査法人

監査法人も不況のようです。

トーマツに続き、あずさ監査法人が
50人の希望退職の募集を開始しました。
約200人いるアドバイザリー・サービス部門の
人員を対象に削減。
企業の内部統制にかかわるコンサルティング
業務の減少に伴う措置のようです。

大手監査法人では2010年に新日本監査法人、
11年7月には監査法人トーマツが公認会計士らを
対象に、いずれも400人規模の大リストラに
踏み切っています。
リーマン・ショック後の景気の低迷で、
株式公開(IPO)支援は激減。
企業買収などに伴う財務・リスク関連の
コンサルティング業務も減り、強化してきた
企業の内部統制への対応も一巡し
需要が薄れたそうです。
リーマンショックの影響は大きいですね。
まだ尾を引いています。
厳しいですね。

|

グリーがゲームショーへ

グリーは、9月15~18日に開催される

「東京ゲームショウ2011」(幕張メッセ)に
出展するそうです。
同社の出展は初めてで、最大級の
ブースを設け、試遊コーナーでGREEの
ゲームを紹介したり、ステージで関係者に
よるビジネスセッションなども行うそうです。

120小間(1080平方メートル)のブースを
出展し、自社製やパートナーによる人気ゲームを
試遊できるコーナーを設けるほか、
メインステージでは映像アトラクション、
最前線で活躍するスピーカーによる
ビジネスセッションなども実施する予定のようです。
会場限定で入手できるアイテムのシリアル
コード配布も行うそうです。
何故、はじめて出展するのでしょうか。
お客の獲得でしょうか。
携帯から、スマートフォンにどんどん変わって
います。
今まで、携帯の市場は外部から入れない
閉鎖的な市場でした。
スマートフォンはオープンな市場です。
競争が激しくなります。

|

中国と前原氏

次期政権を担う民主党の代表選挙に、
前原誠司元外務大臣が出馬することが
きまりました。

中国メディアは「タカ派」急先鋒(せんぽう)の
出馬表明に敏感に反応、南方網は「前原氏が
首相になれば不安要素が増大」との評論を
掲載したそうです。

日本メディアが先日実施した世論調査で、
野田財務相や海江田経済産業相をはるかに
上回る支持率を獲得したと紹介、
前原氏の出馬表明によって選挙戦に
大きな影響がでるとしました。

いつも中国にすりよる、首相よりも、
中国や、韓国にきちんと物がいえることが
大事です。

前原さんが、憲法を変えてくれれば
応援しますが。

|

リビアの影響

内戦状態が続いていたリビア情勢は
22日、反体制派の首都トリポリに
進攻しました。

41年に及んだカダフィ独裁政権が
事実上の崩壊に追い込まれました。
アラブ世界に広がる民衆革命のうねりは
新たな「春」を生み、独裁体制が無敵では
ないことをあらためて証明しました。
でも、まだカダフィ大佐は、見つかって
いないそうです。
戦争裁判をおこなうようです。
この影響は、周りの国にも影響を
与えそうです。
中国や北朝鮮まではわかりませんが。
北朝鮮は、食料がありませんから、
中国やロシアに行っています。
でも、金書記は、丸々に太っていますが。
独裁は、続かないのですね。

|

コンビニの売上

コンビニの売上が増えているようです。

日本フランチャイズチェーン協会が
7月のコンビニエンスストア主要10社の売上高を
発表しました。
既存店ベースで前年同月比9.5%増の
7454億円と大幅に伸びました。
9カ月連続でプラスです。
来店客数は、4カ月連続のプラスとなる
同2.4%増の12億4466万人だったようです。

伸びが目立ったのは「非食品」の前年同月比
26.1%増(全店ベース)で、品薄感が
続いていたたばこが引き続き好調だった。
弁当や総菜などの「日配食品」は同7.1%増。
7月上旬は高温の日が続き、自宅で調理をせず
総菜を求める人が仕事を持つ女性を中心に
増えたためということです。
アイスクリームや飲料も好調だったようです。
暑かったので、冷たいものが売れたのですね。
少し、景気がよくなっているのでしょうか。

|

円高の影響

東日本大震災後の不況にあえぐ中での

追い打ちに、「ものづくり」で東海地方の
経済を下支えしてきた町工場からも
悲鳴が上がっているようです。
外国人から人気を集めていた観光地も、
客足の減少に不安を隠せないでいるようです。
でも、影響を受けているのは、自動車や電機などの
輸出企業です。
でもですね。
GDPにしめる、輸出の割合って少ないのですよ。
数パーセントしかありません。
自動車や電機です。
他は、全部国内の産業です。
だから、円高でも影響を受けない、製品や
下請けばっかりしない独自の製品を
開発すべきなのです。
そうでないと、生き残れないと思います。
昔は、1ドル360円が、100円になったのです。
でも、日本の製造業は変わりませんでした。

|

訪日外国人

日本政府観光局が7月の訪日外国人数

(推計値)を18日発表しました。
前年同月比36.1%減の56万1700人でした。
東日本大震災発生直後の3月12~31日に
前年同期比で73.0%も急減した後は
徐々に回復しています。
減少幅は6月の36.0%とほぼ横ばい。
福島第1原発事故の長期化に加え、円高で
訪日が割高となったため、回復傾向は
足踏み状態となっているようです。
一部の牛肉から放射性セシウムが検出され、
日本の食に対する不安が増したことや、
夏休みの繁忙期で中国や台湾などからの
航空運賃が上昇したことも影響したようです。
国別では、韓国からが40.7%減の14万100人、
中国からは47.2%減の8万7100人、
米国からは23.4%減の5万2100人だったようです。
結局、韓国、中国が減っています。
その分、不法滞在も減っているでしょから
悪い面ばかりではないと思いますよ。
アメリカは円高の影響が大きいと思います。
 

|

福島第1原発事故

政府と東京電力の統合対策室は17日、

福島第1原発事故の収束に向けた工程表を
見直し、発表しました。
新たな工程表は、使用済み燃料プールの
冷却について既に目標を達成したということです。
来年1月までに原子炉を安定した「冷温停止」
状態にする目標や達成時期は変更せず、
作業員の人材育成を新たな課題に加えた。
放射能の流出も減っています。
5分の一になっているようです。
いいことです。
一刻も早く安全な状態にして欲しいですね。

|

ユーロ圏の景気

ユーロ圏の景気が減速している
ようです。

欧州連合(EU)統計局が第2・四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)伸び率速報値を、
16日発表しました。
前期比0.2%、前年比1.7%となった。
ドイツの景気低迷やフランスのゼロ成長を
反映して伸び率は第1・四半期(前期比0.8%、
前年比2.5%)から大きく減速しました。
ロイターがまとめた予想(前期比0.3%、前年比1.8%)も
下回った。 

ドイツ経済が、貿易収支の悪化や消費の落ち込み、
建設投資の不振を受けて低迷したことが最大の
押し下げ要因だったそうです。
ユーロ圏と言っても、結局、フランスとドイツですからね。
この2つが落ちると、ユーロはダメになります。
他の国は、足を引っ張っています。
厳しいですね。

|

グーグルがモトローラ・モビリティを買収

米グーグルは、通信機器大手モトローラ・

モビリティ・ホールディングスを
現金約125億ドルで買収すると発表しました。

買収額は1株当たり40ドルで、モトローラ・
モビリティの12日終値に63%のプレミアムを
上乗せした水準です。

発表を受け、モトローラ・モビリティの株価は
米株式市場寄り付き前の取引で、59%
急上昇しました。
日本円で、9600億円くらいになるようです。
すごい金額です。
グーグルのアンドロイドは、マイクロソフトや
アップルで特許などで訴えられているそうです。
それに対抗するようです。
モトローラは、携帯電話でかなりの特許を
持っているようです。
グーグルも、アップルと同じように、ソフトと
ハードをもつ会社になりました。
ますます、これからに注目です。

|

茶のしずく石鹸問題

「美肌効果がある」として通信販売で大ヒットした
「茶のしずく石鹸(せっけん)」問題です。

昨年までの商品に含まれていた
小麦由来成分によるアレルギー被害が
拡大しています。
販売元の「悠香(ゆうか)」(福岡県大野城市)が
5月に自主回収を始めてから、全国の
消費生活センターに寄せられた被害相談は
400件を超えています。
重症例も相次いだ。
同社の注意喚起が不十分との指摘もあり、
大阪などでは被害対策弁護団が発足、
集団訴訟も視野に実態調査に乗り出したそうです。
テレビでも、大々的に宣伝していました。
でも、いろいろな問題があるのですね。
早急に対策しておけばよかったのでしょう。
多分、対応が遅かったと思いますよ。

|

グリーとモバゲー

グリーとディー・エヌ・エー(DeNA)の

2大ソーシャルゲームサービスの
それぞれ会員数が、任天堂のゲーム機
「ニンテンドーDS」の販売台数を、
近く追い越す見通しとなったそうです。
両社の猛烈な勢いに、人気ソフト会社が
ソーシャルゲームシフトを強め、ゲーム界の
“絶対王者”任天堂が新型機「3DS」の
大幅値下げを余儀なくされました。
ゲーム機メーカーを頂点とした従来の
ゲーム市場の構造が、音を立てて崩れ始めました。
時代の流れでしょうか。
任天堂は、ソフトを作っていません。
ハードだけです。
以前は、それでも良かったですが、今はいろいろな
媒体がでてきました。
コンテンツのメーカーは、選択肢が増えました。
結局、ソフトがなければ、ただの箱ですよ。
任天堂のビジネスモデルも安泰では
なくなりました。
時代の流れですね。

|

ヨーロッパの株価

アメリカの株の乱高下を受けて

ヨーロッパも乱高下しています。
少しの情報で株価が動きます。
今回は、フランスの国債が格下げされるという
うわさが出ています。
欧州証券市場監督機構(ESMA)は11日、
フランス、イタリア、スペイン、ベルギー各国の
株式市場で、12日から株の空売り規制を
強化することを明らかにしました。
欧州市場で仏国債の格下げ観測など
「虚偽情報」を受けた混乱が続いているのを
受けた措置で、具体的な規制策は各国の
市場監督当局が発表するそうです。
ヨーロッパの金融不安も深刻です。
予断を許しませんね。

|

中国発の空母

中国が、ロシアから空母の中古をもらって
修理しました。
そして試験航行をするそうです。

新華社電によると、中国遼寧省の大連港で
改修が進められていた旧ソ連製空母「ワリャーグ」
(約6万7000トン)が10日朝、造船所を出て、
初めての試験航行を開始しました。
中古ながら中国にとって第1号の空母。
共産党政権は「空母の夢」実現をアピールし、
高速鉄道事故で傷ついた国家の威信を回復したい
考えだそうです。
もっと、違うことで政府の威信をあげることが
重要だと思います。
高速鉄道の事故の対応や補償などです。
透明性も大事です。
中国もどんどん泥沼に入って
いっているように見えます。
今後に注目です。

|

就職活動を表す字は?

毎日コミュニケーションズは、
「あなたの就職活動を漢字1文字で表すと?」
というアンケートを実施しました。

2012年卒業予定の学生を対象とした調査です。

今回は、文系男子179名、理系男子238名、
文系女子171名、理系女子201名の合計789名から
有効回答が得られています。

発表によると、今年の1位は「楽」。
3年ぶりに1位に返り咲いている。

学生が「楽」を選んだ理由としては、
「『楽(らく)だった』のではなく、
『(就職活動を)楽しめた』
『(さまざまな出会いが)楽しかった』という
意味合いで選択した学生が多かった」と
説明されているようです。

一方で、2位以降は「苦」「迷」「疲」と続き、
6位に「難」、8位に「悩」がランクイン。

この結果が本当であれば、就職が完全に2極化しています。
直に決まる人は楽しめますが、決まらない人は
大変です。

やっぱり、大学のレベルが下がっているのです。
私立大学の三分の一くらいは廃校にしたらよいと
思いますよ。

|

NY株が急落

NY株がまた落ちました。

どこまで、落ちるのでしょうかね。
優良株で構成するダウ工業株
30種平均は前週末終値比634.76ドル安の
1万0809.85ドルと急反落しました。
昨年10月4日(1万751.27ドル)以来、
約10カ月ぶりの低水準で終わった。
米格付け大手スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)に
よる米国債の格下げや根強い世界景気への懸念を
背景に、リスク回避の動きが加速し、売りが売りを
呼ぶ「スパイラル(悪循環)」的な下落となりました。
オバマ大統領が格付け会社を非難していました。
でも、事実ですからね。
今更と思います。
オバマの経済対策がうまくいっていないと
思います。
早急な対策が必要です。

|

内閣支持率

読売新聞社が5~7日に全国世論調査

(電話方式)を実施しました。
菅内閣の支持率は発足以来最低の
18%(前回7月調査24%)に下落しました。
民主党政権として最も低かった鳩山内閣の
19%(2010年5月)をも下回ったようです。
菅首相は、下がっても辞めませんね。
今まで、辞めていませんから。
このまま続くと思いますよ。
民主党は、いろいろ言っていますが、
菅首相を辞めさせられませんよ。
閣僚もこのまま続けばよいと思っています。
他に誰がいますか。
野田さん、前原さん、全然ダメですね。
菅首相のしぶとさが、自民党にあったら、
自民党の政権ももっと続いたと思います。
でも、菅首相でも、日本の国は動いているのは
すごいと思いますよ。

|

ミクシーがソーシャルラジオ

株式会社ミクシィは4日、SNS「mixi」に

登録した友人・知人同士で一緒に
ラジオ番組を楽しめるサービス
「ソーシャルラジオ」を始めるそうです。
第1弾として、 TOKYO FMの番組
「SCHOOL OF LOCK!」(毎週月~木曜22時
~23時55分放送)との連動企画を発表しました。
mixi内の特設サイト上で、同番組をradiko.jpで
聞きながら、 コメントや「胸キュンボタン」を
使った交流が行えるそうです。
いろいろなことを考える人がいます。
でも、やってみていいかもしれません。
広がるかは、また別ですが。

|

大卒の就職

文部科学省が学校基本調査(速報値)を発表しました。

今春、4年制大学を卒業した学生のうち、
進学しなかったり、正社員にならなかったりして、
進路が決まらなかった人が19.4%の
10万7134人だったこそうです。
就職率は前年度比0.8ポイント増の61.6%で、
文科省は「ほぼ横ばいで、依然厳しい状況が
続いている」としています。
進路未定の大卒者は、前年度と比べ0.3ポイント
減ったが、2年続けて10万人を上回った。
このうち、パートやアルバイト、1年以内の有期雇用など
一時的な仕事に就いた人は1万9146人で、
アルバイトなどもしていない人は8万7988人だったそうです。
大学が多すぎます。
目的もないのに大学に行きます。
誰でも大学に入れます。
だから、企業もわかっているので優秀な
学生しか採用しません。
高校を出て働かせればいいのです。
手に職をつけることが大事です。
親も、子供が働かなくても何も
いいません。
これでは、ダメですよ。

|

グーグルプラスのユーザーが増加

グーグルプラスのユーザーが増加しているようです。

米調査会社コムスコアは2日、米グーグルが
6月末に立ち上げたソーシャル・ネットワーキング・
サービス(SNS)「グーグルプラス」の利用者が
2500万に達したと明らかにしました。

SNSサイトでは最も速いペースだいうことです。

グーグルプラスのユーザーは7月24日時点で
2500万人を超え、1日約100万人のペースで
増え続けています。

SNS最大手のフェイスブックが同規模の
ユーザー数を獲得するまでには約3年かかり、
ツイッターは30カ月余りかかったということです。

すごい増え方です。

グーグルは、どんな分野にも進出してきます。
そして、成功します。
それを利用するユーザーがいるのが
すごいですね。

|

グーグル、クローム

グーグルのブラウザのクロームが

イギリスで人気のようです。
英StatCounterは8月1日(英国時間)、
英国内の2011年7月月間ブラウザシェアについて、
Google ChromeがFirefoxを抜き、初めて同国内で
シェア2位になったと発表しました。
これは同社のアクセス解析ツールを利用する
月間150億PV(英国内では月間8.3億PV)を元にした
データレポートです。

2011年7月のシェアでChromeは22.1%に達し、
2009年7月の3.9%から2年間で5倍を超す勢いで
シェアを伸ばしている。
一方、同期間のInternet Explorerは同61.3%から
45.5%へと2桁減となったほか、Firefoxは同26.9%から
21.7%となりブラウザシェア3位へと転落したそうです。
グーグルクロームはシンプルで軽いですね。
使いやすいと思いますよ。
グーグルは、本当にすごいですね。

|

なでしこジャパンのチケット

なでしこジャパンのチケットが高騰しているようです。

日本サッカー協会は1日、「なでしこジャパン」が
19日に東京・国立競技場で、なでしこリーグ選抜と
対戦する震災復興支援慈善試合の
チケット販売概要を発表しました。

前売りの指定席は4000円(当日4500円)となった。
2日からファミリーマートで先行販売されるようです。

女子W杯前の壮行試合・韓国戦(愛媛)が
最高2000円、国立で行われた07年の
北京五輪予選・韓国戦は同1500円だったそうです。

収益の一部は被災地支援に活用される。
また、試合開始は午後7時20分に決まったようです。

2倍ですか。
すごいですね。

でも、それくらいの価値はありますよ。
テレビでも放送すれば見たいですね。

選手にも還元できればよいですが。

|

なでしこリーグが大人気

なでしこリーグが大人気のようです。

31日に行われたなでしこリーグのINAC神戸対岡山湯郷戦に、
2万人以上の観客が集まりました。

先週のINAC神戸対千葉戦で樹立した女子リーグの
最多観客動員数1万7812人を更新したそうです。

試合は日本代表MF宮間あや擁する岡山湯郷が先制し、
INACが開幕7戦目にして初の失点を喫するものの、
韓国代表MFチ・ソヨンの2得点などで逆転し、
INACが3-1で勝利しました。

無傷の7連勝で首位をキープしている。
岡山湯郷は今季初の黒星となったようです。

なでしこリーグが人気になるのはよいことです。

日本代表がいると観客が違いますね。
いいことです。

入場料をとったのでしょうか。
選手に還元して欲しいですね。

これからも、なでしこの人気が続けば
よいですね。

|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »