« 首都圏のマンション | トップページ | 漁業の就職フェア »

九州電力の問題

九州電力でやらせメール問題です。

海江田万里経済産業相は
15日午前の閣議後会見で、
九州電力のやらせメール問題に
ついて「この種のことが明らかになれば、
トップが責任をとるのが当たり前だ」と述べました。
九電の真部利応社長に辞任を求めました。
海江田経産相は会見で「世間に会社の
失墜を招くような行動をとり、しかも組織的な
関与が濃厚」と指摘しました。
組織のトップである真部社長の責任は
重大との認識を示したそうです。
当然ですね。
東京電力の会長も辞めるべきなのです。
社長よりも会長の責任の方が大きい
ようです。
電力会社の組織って腐っていますね。
競争がないので親方日の丸なのですね。
国内企業による自由競争にすれば
よいと思います。
全国の電力会社は、どこへでも電力を
送れるようにすべきですね。
電力会社は見直す必要があります。

|

« 首都圏のマンション | トップページ | 漁業の就職フェア »

経済・政治・国際」カテゴリの記事