« 中国の高速鉄道の事故 | トップページ | スマートフォンは普及期 »

スマートフォーンの影響

スマートフォンの急激な普及により、日本の

携帯電話回線がパンク寸前に
なっているそうです。

スマホ向けのアプリはグーグルマップなど、
サービス自体がデータ通信利用を前提と
していることが多いです。
これらは携帯電話キャリア自身が
提供しているものではないため、
回線への負担などまったく考慮していません。
しかも、皮肉なことにそうしたアプリに限って
便利で面白く、ユーザー人気が高かったりする。

また、一部ユーザーがパケット料金定額制を
いいことに、つなぎっ放しで大量のデータの
やりとりを行なっていることが事態をさらに
深刻化させているようです。
そのようなユーザーと同じ基地局圏内にいる
ほかの利用者には、遅い、途切れるなど
データ通信に支障が出ているそうです。

こうした状況に、各キャリアの経営陣も、
増加を続けるデータ通信量が現在の通信網の
キャパシティを超えてしまう事態を危惧しているそうです。
でも、そんなのわかっていたことです。
対策をおこなうべきですよ。
できなかったら、スマートフォンの販売を
やめるべきですね。
お金をとって、つながりませんでは、
ユーザーは納得できません。

|

« 中国の高速鉄道の事故 | トップページ | スマートフォンは普及期 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事