« 菅内閣 | トップページ | 津波対策 »

嘉手納統合案

米上院軍事委員会は17日、2012会計年度

(11年10月~12年9月)の国防権限法案を
公表しました。
法案は、12会計年度の国防予算の
大枠を決める国防権限法案に、
沖縄県名護市辺野古沖への移設が
決まっている米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の
嘉手納統合を検討するよう国防総省に求める内容を
盛り込んだそうです。

在沖縄海兵隊グアム移転費については、
オバマ政権が求めた施設整備費
1億5600万ドル(約120億円)を全額認めず、
普天間移設問題で目に見える進展を
示さなければ今後も移転費を認めないとしたようです。
民主党がまいた種とはいえ、沖縄も
どうしようもないですね。
オバマ大統領も、大変です。
辺野古沖への移転計画に地元沖縄が
反対しています。
このまま行けば、計画が見直されて
嘉手納統合になるかも知れません。
今、ベトナムと中国が南シナ海でもめて
いますから、アメリカも引けませんからね。

|

« 菅内閣 | トップページ | 津波対策 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事