« 早稲田の留学生説明会 | トップページ | 電力の地域独占 »

ビールの売上増加

ビール大手5社が4月のビール類の総出荷量を発表しました。

前年同月比4・0%増の4083万ケース
(1ケース=大瓶20本換算)となり、
2か月ぶりに前年同月の実績を上回りました。

東日本大震災で被災した大手各社の
生産体制が回復したためで、今年1~4月の
累計でも前年同期比0・5%増の1億2598万ケースと
なりました。

4月の内訳は、ビールが5・2%増の2036万ケース、
発泡酒は1・8%減の697万ケース。
低価格で人気の「第3のビール」は5・3%増の
1350万ケース。
第3のビールは、出荷量、ビール類全体に
占める構成比(33・0%)ともに
4月として過去最高だったようです。
少しはよくなっているのですね。
今からどんどん暑くなるので、
生産が戻ってきたのはよかったですね。
それでも、年間の消費量は落ちているようです。

|

« 早稲田の留学生説明会 | トップページ | 電力の地域独占 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事