« ビールの売上増加 | トップページ | 原発安全設計指針の改訂 »

電力の地域独占

菅直人首相は18日、電力について、官邸で

記者会見をしました。
近く発足する東京電力福島第1原子力発電所事故を
検証する調査特別委員会で「原子力行政の在り方も
検討し、根本的な改革の方向性を見いだしたい」と
述べました。
原子力行政の見直しを検討する考えを表明しました。
具体的には、現在の電力供給体制について
「地域独占ではない形の在り方も含めて
議論する段階が来るだろう」と述べ、地域独占を
見直す可能性に言及しました。
電力各社や経済界が慎重な姿勢を
示している発電と送電部門の分離についても
「今後のエネルギー基本計画を考える中で
議論すべきだ」と、議論の対象とするとの考えを示しました。
地域独占はやめるべきですね。
電力の日本での融通ができるようにして欲しいですね。
社長は1人でよいです。
お金があまったら、国民へ還元すべきです。
電気料金は高すぎますよ。
役員の報酬を半分にしても、4000万円なんて
おかしいと思います。
何故、電力料金を下げられないのでしょうかね。
このさい、解体するか2社くらいにした方がよいと
思います。

|

« ビールの売上増加 | トップページ | 原発安全設計指針の改訂 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事