« 白物家電の販売が増加 | トップページ | 高速の逆走 »

東電株の影響

東京電力が無配になるので、
都バスが赤字になるようです。

東京電力福島第1原発事故に伴い、東電株の
配当が見送られるようです。
その影響で、年約25億円の配当を受けていた
都交通局の平成23年度のバス事業が赤字に
転落するおそれがあるそうです。
都は、都交通局の前身である東京市電気局が
行っていた電気事業を、戦後に東電が吸収した
経緯から、東電株を大量に所有しています。
交通事業会計に組み入れられ、都電の廃止路線を
引き継いだ都営バス事業が年約25億円の配当を
予算化しているそうです。

都の3月末の保有株数は4267万株で、
第5位の大株主。都営バス事業は黒字続きだが、
21年度決算ベースで計算すると、約8億円の黒字は、
東電の配当がなくなると17億円以上の
赤字になるそうです。
東京電力の影響は、放射能だけではなく、
こういうところにも出ているのですね。

|

« 白物家電の販売が増加 | トップページ | 高速の逆走 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事