« 郵便物 | トップページ | ソニーの個人情報の流出問題 »

東電の役員報酬

福島第1原子力発電所の事故に伴う対応の

一環として東京電力が発表した
「役員報酬50%削減」に
「まだ高い」との批判がくすぶっています。
半減しても平均で2千万円超で、「会長、社長は
無給が筋」といった声や、政府の連帯責任を
訴える指摘が続いています。
通常の企業では、あれだけの事故を起こしたら、
給料も報酬もありません。
それなのに、2000万円も貰うのは、やっぱり
普通の感覚では、ないですね。
やっぱり、電力会社は、一度、解体して
競争ができるようにすべきですね。
NTTを解体して、KDDIやソフトバンクが
出来たように、電力も解体すべきです。
地方ごとの電力会社なんていりません。
日本電力、東京営業所でいいと思いますよ。
その方が、こくみんの電気料金は安くなると思います。

|

« 郵便物 | トップページ | ソニーの個人情報の流出問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事