« 高齢者のネット利用 | トップページ | Android3.0の端末 »

尖閣問題

昨年9月に尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件で

逮捕され、処分保留で釈放された船長が
香港紙「明報」のインタビューを受けました。
連行される際に日本の海上保安庁職員から
暴行を受けたと証言しました。
船長は停船後に乗り込んできた海保職員に
棒で右肩を殴られたうえ、左足を蹴られたと
訴えたそうです。
また、取り調べ期間中、深夜まで眠ることを許されず、
尖閣諸島が日本の領土だとする文書に署名するよう
強要されたと主張しているようです。
海上保安庁広報室は「署名の強要など報道されて
いるような内容はありえない」としています。
捕まえて、裁判にかければよかったのですよ。
開放なんかしたからこういう問題に
なりました。
日本は、早く憲法を改正して、領海内に入って
くる船を沈めてしまえばいいのですよ。
そうすれば、尖閣問題なんか起きません。
他の国は、おこなっていることです。

|

« 高齢者のネット利用 | トップページ | Android3.0の端末 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事