« 電力の地域独占 | トップページ | アマゾンの電子書籍 »

原発安全設計指針の改訂

原発の安全設計指針の改訂するようです。

内閣府の原子力安全委員会(班目
(まだらめ)春樹委員長)は19日、東京電力
福島第一原子力発電所の事故を受け、
原発の安全設計審査指針など各種指針を
改訂する方針を明らかにしました。
福島第一原発の事故は3月11日の
東日本大震災による津波ですべての電源が
止まったことで起きたが、安全設計審査指針は
「長期間にわたる全電源喪失を考慮する必要はない」と
規定していたそうです。
改訂作業は、すぎに始めるそうです。
すぐにおこなうべきです。
次の地震が何時おこってもおかしくは
ありません。
太平洋側では、いろいろなプレートが
あります。
早急に対策をおこなうべきです。
女川原発は、電源喪失がおこありましたが、
地震と津波の被害は最小限になりました。
でも、防潮堤をつくるそうです。
そういう対策も入れるべきです。

|

« 電力の地域独占 | トップページ | アマゾンの電子書籍 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事