« 原発安全設計指針の改訂 | トップページ | 高齢者のネット利用 »

アマゾンの電子書籍

米Amazon.comの電子書籍リーダー「Kindle」向けの

電子書籍の販売部数が、同社での紙版の
書籍の販売部数を上回ったと発表しました。

4月1日からの書籍販売で、印刷版書籍
(ハードカバーおよびペーパーバック)
100冊に対してKindle版が105冊の割合で
売れているということです。
この部数には、Kindle版のない印刷版の部数が
含まれており、無料のKindle版書籍は含まれて
いないそうです。

Kindle向け書籍は2010年7月にハードカバーの
販売部数を上回り、その6カ月後はに
ペーパーバックも上回っています。
2011年の時点で、同社は前年の同じ時期の
3倍のKindle向け書籍を販売しており、
紙版書籍の販売も伸びているということです。
電子書籍が普及し始めているようです。
日本も同じ減少がおこるでしょうか。
でも、もし、昔の小説などが無料で読めるので
あれば、読みたいですね。

|

« 原発安全設計指針の改訂 | トップページ | 高齢者のネット利用 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事