« 女川原発 | トップページ | 日本の温暖化対策 »

原発の世界への影響

福島第一原子力発電所の事故を受け、
世界中で原発の安全問題について
考える機運が高まっています。

アメリカではニューヨークの中心・
マンハッタンから至近距離にある原発への
不安の声が上がっています。

マンハッタンの中心部で2日、ニューヨークに

ある原発に反対する集会が開かれました。
議論の的となっているのは、マンハッタンから
わずか50~60キロの場所にある
インディアンポイント原発です。

ニューヨークの電力の約4分の1を
賄っているが、すぐ近くに民家もあり、
福島第一原発と同様の事故が起きれば
ニューヨーク市全域が80キロ圏内に入り、
2000万人もの市民が避難対象になりかねないため、
「閉鎖すべき」との声も出始めたそうです。

原発が老朽化していることや、
近くに断層が見つかったことも
懸念を広げています。

福島の影響が世界に広がっています。
原発は停止したのに、放射能が
拡散しています。
影響が大きいですね。
今後、原発をどうやっていくかですね。

|

« 女川原発 | トップページ | 日本の温暖化対策 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事