« ネット証券が減益 | トップページ | 北朝鮮問題 »

アメリカのGDP

アメリカのGDPが伸び悩んでいるようです。

米商務省は28日、2011年第1四半期(1~3月期)の
実質GDP(国内総生産、速報値)が
季節調整済み年率換算で、前期比1.8%増加
したと発表しました。
09年第3四半期から7四半期連続の
プラス成長となったものの、伸び率は
前期(3.1%増)に比べて鈍化しました。
ガソリン価格の上昇で個人消費が
伸び悩んだことなどが響き、
10年第2四半期(1.7%増)以来の低い伸びと
なったようです。
リビア情勢などで原油が高騰しています。
ドル安ですからアメリカは影響を受けます。
日本のように、新幹線や鉄道もありませんから、
原油価格が、GDPに影響を与えます。
原油情勢もしばらくは続きそうです。

|

« ネット証券が減益 | トップページ | 北朝鮮問題 »