« 通信回線の復旧 | トップページ | 原発の世界への影響 »

女川原発

福島原発では、いろいろな事故が
起こっています。

でも、もっと地震や津波がひどかった女川原発では、
少し、トラブルはありましたが、問題はないようです。

福島第一原発から北に約120キロ離れた
太平洋岸にあり、三つの原子炉が並ぶ女川原発。
福島第一原発を襲った津波は高さ14メートルを
超えたが、女川町を襲った津波は17メートルクラス
だったとする調査結果が出ています。

津波で、女川原発の1~3号機のうち、2号機の
原子炉建屋の地下3階が浸水したが、
原子炉を冷やすために不可欠な電源が
失われることはなかったようです。

 「余裕」が最も表れているのは、
原子炉建屋の海面からの高さです。
同原発の主要施設の標高は14.8メートルあり、
10メートル前後だった福島第一より高い。
女川原発は2号機の熱交換器室が
浸水の影響で使えなくなった1系統を除き、
非常用電源が正常に稼働しました。

施設の位置の高さが津波の被害を防いだ
可能性があるということです。

当初からの、設計のやり方だと思います。

福島原発を、もっと耐震の変更するのは、
難しいでしょうね。

やっぱりこれから、どのように原発をおこなって
いくのか、検討する必要があります。

|

« 通信回線の復旧 | トップページ | 原発の世界への影響 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事