« 復興税 | トップページ | 自動車販売が減少 »

アメリカでの最安の車

アメリカでの最安値の車がきまりました。

日産自動車とヒュンダイ。米国新車市場において、
最安値競争を繰り広げてきた両社だが、
20日に開幕したニューヨークモーターショーで、

その決着がついた。

今年のニューヨークモーターショーでは、

日産が新型『ヴァーサセダン』(日本名:『ティーダラティオ』)を、
ヒュンダイが米国仕様の新型『アクセント』を初公開しました。

両車は従来、米国で1万ドル(約82万円)を切る
ベース価格を掲げ、「我こそは米国で最も安い新車」と
アピールしてきました。
その両車が同時にモデルチェンジを受けたわけで、

2台の価格設定に注目が集まっていた。

まずは日産ヴァーサセダンだが、新型のベース価格は

1万0990ドル(約90万円)に設定。
従来の9990ドル(約81万8000円)は上回ったものの、

日本円で90万円という圧倒的なコストパフォーマンスは健在だ。

一方のヒュンダイ・アクセントには、異変が起きました。

新型のベース価格は1万2445ドル(約102万円)と、
従来の9985ドル(約81万7000円)に対して、
大幅な値上げに踏み切ったのである。

この結果、日産ヴァーサセダンがアクセントを破り、
米国最安値車に君臨しました。

日産は、タイなどの海外で生産していますから、
そこからの輸入でしょうね。

日産も価格を下げるのですね。
自動車も、価格競争になると、大変ですね。

|

« 復興税 | トップページ | 自動車販売が減少 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事