« アカデミー賞の視聴率 | トップページ | ニュージーランドの地震の原因 »

東京モーターショーの出展が増加

今年12月に開催される「第42回東京モーターショー」に、
ドイツのBMWやダイムラー、フォルクスワーゲン(VW)のほか、
韓国の現代自動車など20社前後の海外メーカーが
出展するそうです。

前回の平成21年はリーマン・ショック後の
世界同時不況の直撃で海外メーカーが
軒並み出展を取りやめ、わずか3社の参加に
とどまりました。

世界的な販売回復による業績改善を受け、
出展を再開するそうです。

主催する日本自動車工業会では、
販売拡大を重視したショーから技術をアピールする
「世界一のテクノロジーモーターショー」への
転換を掲げ、海外メーカーの再誘致に取り組んだことが
実を結んだそうです。

いいことですね。

販売の拡大より、テクノロジーの展示に
なるのは非常に興味があります。

日本人は、新しいのが好きですから、
もし、面白い車があれば、買いますよ。

最近の原油高で、燃費のよい車が
よいですね。

|

« アカデミー賞の視聴率 | トップページ | ニュージーランドの地震の原因 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事