« ネット電話 | トップページ | 通信回線の復旧 »

公務員の給与を下げる

東日本大震災の復旧・復興財源をめぐり民主党内で、
国家公務員の給与を5%カットする案が
浮上しているそうです。

2011年度で約1500 億円を捻出する。

人事院勧告に基づかない給与引き下げは
極めて異例だが、全体で10兆円を超えるとされる
震災復興費用の財源確保のためにはやむを
得ないと判断したそうです。

同日成立した11年度予算に計上されている

国家公務員の給与費総額は3兆7642億円です。

民主党案では、月給などを特例的に5%削減する
給与法改正案を通常国会へ提出。
6月以降に引き下げた場合、約1500億円が捻出できる見通しで、
がれき撤去などの災害支援策を盛り込む
11年度第1次補正予算案の財源に充てるそうです。

民主党は、本当にできるのでしょうか。
もっと、早くやるべきだったのです。

民間の給料はどんどん下がっているのに
何故、公務員は給料が下がらないのか疑問に
思っています。
税金なのにね。

|

« ネット電話 | トップページ | 通信回線の復旧 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事