« サブウェイの店舗数 | トップページ | ANAとJAL »

インフレ圧力

リビア情勢と、投機マネーで原油価格が
上がっています。

国内ガソリン価格が145円台に突入するなど、
原油や食料の高騰で世界的にインフレ圧力が
高まっています。

日銀は14、15日に開く金融政策決定会合で、
影響を点検するが、物価下落が続くデフレ状態にあり、
利上げによる金融引き締めは到底無理。
来月にも利上げに踏み切る可能性に言及した
欧州中央銀行(ECB)は、財政危機の爆弾を抱え、
米連邦準備制度理事会(FRB)も、高い失業率が
足かせとなっている。
日米欧の中央銀行は、インフレに打つ手が
見当たらないのが実情のようです。

日本みたいに、円高で原油の備蓄が
ある国でも大変です。
デフレ状況で、原油があがると、ますます
物が売れなくなります。

中国は、原油の備蓄は10日しか
ないそうです。
元安ですから、原油価格の高騰は
かなり影響を受けますね。

ヨーロッパやアメリカも同じです。
大変だと思います。


|

« サブウェイの店舗数 | トップページ | ANAとJAL »

経済・政治・国際」カテゴリの記事